青い炎

 

私は

よく焚火をした

冬 風邪をひいたときなど

どてらを着て

田舎のうす暗い

いくつも焚口のある

大きな竈の前で

何時間も焚火をして暖をとった

ある日

枯れた竹を燃やしてみた

竹はスースーッと

かすかな息を吐きながら

とても勢いよく燃えた

青い炎が

生きもののように躍っていた

あたりいちめんに

かぐわしい竹の匂いがみちた

咽がかわくと熱い番茶を何杯ものんだ

やがて

背中がじわーっと汗ばんで

とても気分よくなってくる

そんな時 私はよく本を読んだ

ゴーリキーの「どん底」も

犀星の「性に眼覚める頃」も

そうして読み終えた

十六歳の冬であった

青い炎が燃えていた