「若冲」 澤田瞳子

伊藤若冲(17161800年)は、京・錦小路の青物問屋「枡屋」(通称「枡源(ますげん)」)の長男として生まれ、23歳のとき、父・源左衛門の死去に伴い、4代目枡屋(伊藤)源左衛門を襲名する(「若冲」の号は居士号)。しかし、若冲は絵を描くこと以外には全く興味を示さず、商売には熱心でなく、芸事もせず、酒も嗜まず、妻も娶らなかった。40歳(1755年)で、家督を弟に譲り、名も「茂右衛門」と改めて隠居し、絵の世界にひきこもる。 

若冲は、池大雅や蕪村や狩野派のように、人のために描かず、売らず、ひたすら己の内面世界を映すかのように描きつづけた。その絵は次第に世に知られるようになり、「名声」を得るようになるが、人付き合いの苦手な若冲にとっては重荷になる。 

本書は、稀代の絵師・若冲の創作動機と描出された幻想的な世界の謎が、史実とフィクションとが織り合わされて、つまびらかにされていく。若沖の生きようと、その絵の世界を知る格好の読み物だ。隠遁し、絵の世界に没頭し、その生を終えた若冲の心の奥底には、そうならしめた何かがあったことは間違いないだろう。それを想像してその作品を見ると、また違って見えるかもしれない。 

ところで、本書でも書かれているが、178837に京都で発生した史上最大規模の火災「天明の大火」は、応仁の乱の戦火を上回る市街の8割以上が灰燼に帰した。被災した若冲は、大阪・鰻谷の薬問屋の吉野寛斎から声がかかり、大阪に赴く。寛斎のために何枚か若冲は絵を残したが、豊中市の西福寺の「仙人掌群鶏図襖絵[さぼてん ぐんけいずふすまえ]」もその一つだ。(ささき)