「絶望の牢獄から無実を叫ぶ」 片岡 健

副題の冤罪死刑囚8人とは、飯塚事件(久間三千年)、埼玉愛犬家連続殺人事件(風間博子)、三鷹事件(竹内景助)、帝銀事件(平沢貞道)、鶴見事件(高橋和利)、三崎事件(荒井政男)、山梨キャンプ場殺人事件(阿佐吉廣)、波崎事件(富山常喜)だ。久間さんは死刑執行(妻が再審請求中)。竹内さん(遺族が再審請求中)、平沢さん、富山さん、荒井さん(遺族が再審請求中)は獄死。風間さんと高橋さんと阿佐さんは在監・再審請求中。 

本書の著者が他と違っていることの一つが、冒頭の久間さんの「飯塚事件」に関わって書いてあることだと思う。 

久間さんを逮捕に踏み切った村井温県警本部長(現・総合警備保障会社ALSOK会長)、起訴した福岡地検の村山弘義検事正(賭博騒動のときに相撲協会の理事長代行を務めた)、DNA鑑定をした科警研の坂井活子技官、笠井賢太郎技師、佐藤元技師に電話・手紙で取材を申し込んでいるのだ。もちろん、誰も答えはしないが。 

ついで矛先は、当然のことながら裁判官に向かう。

福岡高裁で一審の死刑判決を追認したのは小出ロ一裁判長だが、彼はあの「名張毒ぶどう酒事件」で2005年、名古屋高裁で奥西さんに再審開始決定をした裁判長だ(異議審で取り消したのがあの門野博裁判長だ)。退官後、専修大教授〜(公財)中山報恩会の奨学金選考委員を務めている彼に取材を申し込んだが、「立場上、取材はお受けすることはできない」との返事が届いた。関わった事件のみならず、そうではない事件でも取材は一切受けないとのことだ。

 警察も検察も裁判官も技師も、それぞれに冤罪に加担した責任は免れない。しかし、彼らは裁判が「終結」すれば、何事もなかったかのように次の人生を歩む。その裏では、自らが行った「職務」の結果、人の命が奪われていっている、それを知りながらだ。そして、あとは貝のように固く口を閉ざす。不条理と理不尽の極みだ。 

巻末には、情報公開で入手した久間さんに関する「死刑執行関連文書」もあり、一人の人の命が奪われていく手続きをたどることができる。肝心なところは黒塗りだが、それだけに余計に生々しさを感じる。ここに名を記し、押印した者は、機械的・事務的にそれをなしただけと言うのであろうか? (ささき)