「絶望という抵抗」辺見庸×佐高信

「あとがき」で佐高が、「昭和天皇の下血報道に始まった不気味な『自粛』騒ぎがあった。いまから26年前のことである。息もつけないようなあの空気は私の中にぬぐいきれない後味の悪さを残したている。皮肉に言えば、しかし、あの時はまだ『自粛』する余裕があった。『自粛』から『他粛』へと言いたいような現在の状況には、特に71日の集団的自衛権行使の閣議決定以来、私自身、身体的変調を来たし、ジンマシンが容易におさまらない。」と書いている。

 まさしく現状はそのような按配になってきている。

 活字を通してだが、久しぶりに辺見庸の「声」を聞く気がしながら、本書を読んだ。いつもながらというか、いつもにもまして、彼が紡ぎ出す言葉は、深くて、鋭い。この身を揺るがすほどにズシリと重く、琴線を震わせる。

 佐高のちょっと軽めの誘い水が、辺見の身体をくぐると、質感を伴った言葉となって出て来る。そこには佐高が計算した「あうんの呼吸」があるのかもしれないが、触れれば切れるような鋭い言葉が続く。

 佐高が「ジャーナリストの仕事はゆすり、たかり、強盗と同じだ」と言えば、辺見が「コンプライアンスなど新聞にはなくていいのです。法令遵守はジャーナリズムにはなくていい。むしろ法令を破らなくてはいけない」と言い、末期症状を露呈しているメディアを断罪する。

 佐高が「五木寛之や姜尚中が、『怒らない』とか『中庸』とか、そういうことをメディア上で説いている。『心』と称してです」と言えば、辺見が「姜尚中という人物が大衆受けする風潮に、薄ら寒い時代性を感じます」と応じ、ファシズム的状況の到来と重ね合わす。

 最後に、佐高が「その凶のしるしを、どれだけ生々しく感じ取り、どのように身に引きつけて抵抗できるか、それこそ絶望という抵抗ですね」と言い、辺見は「現状は全く絶望的ではありますが、絶望と希望の境をどこに見つけるか」と、本書のタイトルにつなぐ。

 まさしく希望は見いだせず、失望すらも叶わず、絶望が深まるのみという時代状況にある。それらを見すえ、「生き延びた人間」(辺見)として、どのような抵抗ができるのかを、今を生きる人間として、何をどう考え、行動するのかを自問自答しなければならないと思う。引き合いに出されている竹内好や魯迅を読んでみたくもなった。(ささき)