「絶望の裁判所」を読む (著:瀬木比呂志) 

事件や事故は日々報じられ、時には私たちの好奇心を呼び起こすものも少なくない。しかし、喉元過ぎれば熱さを忘れるのが常であり、その後の経緯に注意を払うことは少ない。それが再び浮上してくるのは、裁判が始まるときで、記憶がよみがえることになる。そうして、裁判というものにいくばくかの関心を抱くことにもなる。テレビや映画でも法廷ものはとりあげられるが、裁判やそれを職務としている裁判官について、具体的な情報はほとんどなく、漠然としたものしか持てていないのが実情だ。 

すでに紹介した「法服の王国」「無罪を見抜く」には、その裁判所や裁判官の世界の一端が描かれているが、本書「絶望の裁判所」は、タイトルの通り、その世界は硬直し、本来の機能を喪失していることを赤裸々に暴いている。(「 」内は、本書よりの引用) 

「現在の裁判所の状況は、官僚、役人タイプが、日本の裁判の質を支えてきた職人タイプの裁判官を圧倒し、駆逐した状況にある。常に一定数存在していた学者タイプもほぼ跡を絶った。ビラミッド型のキャリアシステムの中で育ち、それに馴れ切ってしまった多数派の裁判官たちが行っているのは、裁判というよりは、『事件』の『処理』である。『裁判を行っている官僚、役人』、『法服を着た役人』というほうがその本質にずっと近い」

 ●裁判官というと、清廉潔白的なイメージがあるが、実情はそこら辺にいるお役人さんで、しかもトンデモナイ人たちだ。そこまで落とし込めてしまったのは、最高裁事務総局を頂点にした上命下服、上意下達のビラミッド型ヒエラルキーだ。

 「日本の裁判所の最も目立った特徴は、事務総局中心体制であり、それに基づく、上命下服、上意下達のビラミッド型ヒエラルキーである。頂点には、最高裁長官と14名の最高裁判事がいる。次が高等裁判所長官。全国に8名おり、序列は、東京、大阪、名古屋、広島、福岡、仙台、札幌、高松の順。次が東京、大阪等の大都市の地家裁所長と東京高裁の裁判長、少し後れて大阪高裁の裁判長。厳然たる微細な序列があることは間違いがない」

 「良識派は、ほとんどが地家裁所長、高裁裁判長止まりであり、高裁長官になる人はごくわずか、絶対に事務総長にはならない(最高裁判所事務総局のトップであるこのポストは、最高裁長官の言うことなら何でも聴く、その靴の裏でも舐めるといった骨の髄からの司法官僚、役人でなければ、到底務まらない)し、最高裁判事になる人は稀有、ということで間違いがない」 

●人事(昇進・異動)で裁判官たちを操り、内心までも縛り、有無を言わせぬ盤石体制が出来上がっていて、物言う者は去って行かざるを得ないことになる。「全体主義体制」などという不気味な言葉がじわっと迫ってくるが、あの無味乾燥な顔はそれに耐えていることの証なのだと、納得してしまう。 

「判決や論文等でそれなりの(つまり、最高裁が暗黙の内に公認している方向とは異なった)意見を表明してきたような人物であると、たとえば所長になるのが同期のほかの人間より何年も遅れ、一つの期について相当数存在する所長候補者の間で最後に回される、あるいは所長候補者から外されるなどの形で不利益を被ることになる」

 「裁判員制度導入決定を境として、司法行政のあり方、裁判官の世界のあり方は、硬直的、一元的なものとなっていった。つまり、異論を許さない一種の全体主義体制であり、単なるリベラル、自由主義者にすぎないような者にとってさえ、もしも公式見解と異なった意見を何事についてであるにせよ抱いているならば、もはや居場所がないような体制ということである」 

●支配者は、被支配者を身ぐるみはがし、その骨の髄までしゃぶりつくすが、ヒエラルキーに組み込まれ、心身の自由を奪われた裁判官たちは、軛につながれた牛を想起させる。

  「裁判を行う裁判官の精神が圧迫されていると、本来あるべき適正、公正な判断の形がゆがめられる。日本国憲法第76条に記されているとおり、『すべて裁判官は、その良心に従い独立してその職権を行い、この憲法及び法律にのみ拘束される』ことが必要である。しかし、日本の裁判官の実態は、『すべて裁判官は、最高裁と事務総局に従属してその職権を行い、もっぱら組織の掟とガイドラインによって拘束される』 ことになっており、条文は完全に愚弄され、踏みにじられている」

 「現在の最高裁判所、ことに最高裁長官や事務総局が、また、裁判官のマジョリティーが、司法の役割に関する明確で民主的なヴィジョンなどといったものを、はたしてどの程度にまでもっているといえるのだろうか?もしもあるとするならば、たとえば、政治家や官僚のあり方、ことに利益団体との癒着や『民は愚かに保て』的な政策のあり方をいさめる判決、マイノリティーに対する圧迫や差別をただす判決、地方自治の腐敗を剔抉する判決、そして、原子力発電所メルトダウンと広域放射能汚染という考えられない事能を事前に抑止するに足りるような判決が、あるいは少なくともそのような方向をめざしてよく考え抜かれた良心的、良識的な判決が、孤立したまれな判例としてではなく、もっと幅広く力強い流れを構成する判例群として、存在しえたはずではないだろうか?」

 ●「無罪を見抜く」(木谷明)には、「被告人のためによくよく考えて、最後は『疑わしきは』の原則に忠実に自分の考えでやる、という熟慮断行型が多めに見積もって1割いるかいないか」と書かれているが、実情はもっと厳しいようだ。また、「法服の王国」(黒木亮)では、原発はもちろん水害訴訟など国の責任が問われる裁判では、最高裁当局によって巧妙に「判決」がリードされていく様が書かれているが、もはや蟻が入り込む余地もなくなっているようだ。

 「刑事裁判の第一の原則は、『疑わしきは罰せず』、『疑わしきは被告人の利益に』、『10人の真犯人を逃すとも1人の無辜を罰するなかれ』ということであろう。刑事裁判の立証は、『通常人が疑いを差しはさまない程度』で足りる民事裁判の場合とは異なり、『合理的な疑いを差しはさむ余地のない程度』に行われなければならないというのは、このことを意味する」

 「日本の刑事裁判は、ややもすればこの原則を外れて、『疑わしきは罰す』、『疑わしきは被告人の不利益に』、『10人の無辜を罰すとも1人の真犯人を逃すなかれ』という方向に流れていきやすい。そこから、痴漢冤罪の横行、多発といった事態が生じてくるし、また、そのような傾向は、痴漢犯罪に限ったことでもないのである。『悪い奴を10人も逃すくらいなら、1人くらい冤罪で苦しんでも仕方がない』といった考え方は、間違ってもすべきではない。その『1人』が、あなたあるいはあなたの家族や友人である場合のことをこそ、考えるべきなのである」

 ●本末転倒どころの話ではない。「本」が最初から欠けているのだ。だから、自省心もないままに、堂々と「誤判」をやらかすのだ。そして、いったん確定した判決を覆すのは、至難の技となるのは、ある意味で必然だ。「袴田事件」の再審開始決定が、「孤立したまれな判例」にならず、「良心的、良識的な判決」を呼び戻すきっかけになることを願いたいが、本書を読む限り、それは絶望的な希望ということになろうか・・・。(ささき)