「許されざる者」(上)(下) 辻原 登 

本書の主人公は、毒トル槇=大石誠之助だ。言うまでもないが、かの史上最大の冤罪事件=大逆事件で縊り殺された12人の一人だ。舞台は和歌山県の新宮(本書では「森宮」)、時は日清戦争から日露戦争の戦端が開かれる頃。槇の美しい姪やネジまき屋、点灯屋、左官など、槇を取り巻く個性的な人々が活写され、思わず引き込まれてしまう。 

槇は地元では、一目も二目も置かれる存在だが、それは彼の医者としての仕事のありようからきている。「差別なき医療奉仕団」の活動を通して、被差別部落に限りないシンパシーを寄せ、炭鉱事故に際しては、労働者の側に立って解決を図るなど、八面六臂の活躍をする。その一方で、旧藩主・永野の妻との密やかな恋に心を動かすが、地元の警察署長の監視の目が光っている。 

史実とフィクションとがないまぜになり、読んでいると、これはどうだったかなと思わず考えてしまうこともしきりで、それが楽しみを倍加している。阪急電車の創始者・小林一三、西蔵探検の先駆者・大谷光瑞、日露戦線に参戦した森林太郎(鴎外)、従軍記者・田山花袋に、「荒野の呼び声」のジャック・ロンドンなど、歴史上実在の人物が散りばめられて、「ああ、そうだ」と思わずうなってしまう。 

話は一気に飛ぶが、日清戦争の戦死者293名のうち、脚気による戦病死者は3.944名(戦死者の約13倍)に達し、日露戦争では「脚気」対策が焦眉の急となっていた。しかし、軍医である森林太郎は旧来の細菌による感染症と言い張り、有効な対策を取らなかった。そこでインドで脚気の研究をしてきた槇に白羽の矢が立ち、戦地に赴くことに・・・。 

自らが処方した脚気病の薬を持参して戦地に赴いたドクトル槇は、そのスキルを如何なく発揮し、めざましい成果をあげる。一進一退の厳しい戦況のなか、戦死者はあとを絶たず、負傷兵は次々に運ばれてくる。馬淵晴彦(永野夫人の甥)は戦死し、永野も被弾し、一旦は戦死の報が届くが、奇跡的に救われ、重傷を負って帰還する。 

森宮では、「魁」の臨時記者として雇われた金子スガ(菅野スガ)と百井(荒畑寒村)が、幸徳秋水の来森を計画し、これを機に革命運動を起こそうと動く・・・。 

書き出せばきりがなくなるから、ここまでに。そして、思う。主人公ドクトルは、超人的というか、スーパーマン的に描かれる一方で、永野夫人との愛の世界に耽溺し、それが「爆弾事件」で危機を招くが、やくざの女親分(これもドクターに惚れている)が仕切り、事なきを得る。そして、最後は愛が成就するというハッピーエンド、といったストーリーにはちょっとがっかりした。やはり、「大逆事件」前夜ともいうべき時代の森宮の街の動きを織り交ぜているわけだから、もっと政治的な側面が強くあってよかったのではないか。 

さらには、スガをはじめとする無政府主義者と言われた人たちのステレオタイプの描き方が、どうなのかということだ。これは、先ごろ放映されたNHKの「足尾から来た女」でも同じで、それはないだろうと言うほどのとても薄っぺらな人物像だ。単純に切り取り過ぎではなかろうか。 

まあ、そうしたことを差し引いても、読み物としては先がどうなるのか、ハラハラもして楽しい。だから、あとがきなり解説で史実に触れてもよかったのではないかと思ったが、それ自体がないのだから、望むべくもない。著者が自由闊達に膨らませた物語の世界に遊ぶ、そうした書なのだと観念した次第。 

で、「許されざる者」とは誰のこと?