「ゆめいらんかね やしきたかじん伝」
著:角岡 伸彦 小学館



「被差別部落の青春」、「はじめての部落問題」「とことん!部落問題」など、数多くの著書を出版され
時々、講師としても部落問題について講演されている角岡さんの新作。

2014年小学館ノンフィクション大賞の優秀賞を受賞しました。

関西ではその名を知らない人はいないのではないでしょうか。
「やしきたかじん」
子どもの頃は、名字が「やしき」なのか「やしきた」なのかわかりませんでした。

タイトルを見たときに、「え、角岡さん、なんでたかじんなん?」と思ったのが一番最初の感想だった。
さらに著書には「たかじんの父親が在日コリアン」だと書いていた。

在日の悪い癖というか、ネタというか
私の周りの朝鮮人は何やいうたら、少し名前が売れた芸能人や歌手やスポーツ選手を
すぐに「あの人、朝鮮人やで」ということがある。

ほとんどがウソだ。

たかじんが在日だということも昔は聞いたことがあったかもしれないが
そういうデマがよく流れるから、実際にどれが本当なのかわからないのであまり気にとめることなく過ごしていた。

たかじん自身、テレビでいろんな問題に切り込んではいくが
自分のことについて話すということはほとんどなかった。

「そこまで言って委員会」という番組でも
従軍慰安婦、ヘイトスピーチ、在日の問題も多く取り上げられてきた。
それでもたかじんは自分については一切触れることはなかった。

闘病中で番組を休んでいるとき、明治天皇の末裔だとかいう竹田恒泰が
在特会の存在を擁護するような発言をし、

「例えば通名というのがあって、日本人の名前に変えることによって犯罪歴や金融関係の経歴を全部消すことができ、
また新たな犯罪ができる」

などと発言した(210ページ参照)

そんなんできる訳ないし、こんな発言を読売テレビもなぜ放送するのか本当に理解ができない。
のちに謝罪・撤回したそうだが、最初から流すべき内容ではないはずだ。


たかじんがいてたら何と言ってただろう。
私はきっと何も言わなかったと思う。

そして番組を作ることに命を懸けていたといっても過言ではないたかじんが
闘病中とはいえ、きっと家でこの発言を見ていたに違いない。
すべての番組を録画して見ていると豪語しているぐらいなのだから。


大阪と東京の番組制作に対する思いの温度差、
視聴率が取れるがゆえのプレッシャーなど、豪快なイメージとは逆のたかじんの細かい気配りや気の弱さ、人間らしさも見て取れる内容だった。

そこまでして隠さなければいけない何があったのだろうか。
テレビでは軽快にいろんなことを面白おかしく話すのに
それでも言えなかった理由はどこにあったのだろうか。

取材の申込を拒否されているので、インタビューは限られた人間だけで
多少偏りがあるといえば偏りがある。
親族からの証言は何一つないのが残念な気もした。


戻る