希望のあかり「何のためにうまれてきたの?」   

著:やなせたかし

 

 以前この本の紹介を目にし、ずっと気になっていました。

 絶望の隣にはきっと希望がある。史上最弱のヒーロー大人気の「アンパンマン」、童謡「手のひらを太陽に」の生みの親が作品誕生の経緯と戦争体験や下積み時代を乗り越えくじけずやってきた元気の理由などを話された、NHKの「100年インタビュー」をまとめられたものです。 

 いろいろヒーローがいる中でアンパンマンは一番弱く、雨に濡れれば弱る、ちょっと泥がついても弱る、顔がまがっても弱る。でもジャムおじさんに顔を作り直してもらえば元のヒーローに戻る。

 だけど、ヒーローだけいても世の中は成立しないもので、そこでバイキンマン、しかし悪い菌を全部殺してしまうのもダメなこと。

 アンパンマンは武器を持たず光線も出しません、あるのはアーンパンチ。逆にバイキンマンはいろいろなものを持ち、バイ菌はやられるとまた次の新しい型がでてきます。アンパンマンは戦後の平和憲法を忠実に体現したヒーローなのです。

 また、誰もが一度や二度ふと、自分は何のために生まれてきたのか?と考えることがあったと思います。やなせさんは、子どもの頃から意識せずに「アンパンマンのマーチ」何のために生まれて何をして生きるのか、こたえられないなんてそんなのはいやだ・・・を歌っていると、この命題を考えることが自然と身に付き、大人になった時に歌詞の意味に気づき自分の生まれてきた意味や自分にとっての喜びなどを考えるきっかけになると言われています

そして人生には「運・鈍・根」。人生にはムダな事は何一つない。

あまり器用に何でも簡単にできると言うのではなく「鈍」であって、
「根」根気よくやる。そして「運」自分で巡ってくる運をつかまなくてはいけない。そのためにもやり続ける、その場を楽しむように。

 やなせさんは30代で漫画家としてデビューされ、初代のアンパンマンが誕生したのは54歳の時で、当時は今のような「顔があんぱん」ではなく「あんぱんを配るおじさん」という設定で大人向けに描かれた内容だったそうです。どの子も笑顔にし勇気・元気を与える「アンパンマン」、やなせたかしさんの思想を知ることができる本です。

そして物事を前向きに考え生きようと思えました。

戻る