「ツタよ、ツタ」 大島 真寿美

本書は、「幻の女流作家」ツタという沖縄出身の女性の数奇な人生を描いた物語だ。
ツタの祖父は、琉球王国最後の「評定所筆者主取」(ひょうじょうしょひっしゃぬしどり)、家老のような役職を務め、琉球処分で最後の国王・尚泰王(しょうたいおう)が東京へ転居した際に、お供としてついていったが、ツタが生れる前にその地で亡くなった。その息子(ツタの父)は、砂糖黍からとれる砂糖を卸売りする会社を設立し、一時は羽振りをきかせたが、祖父が亡くなった後に躓き、坂道を転げ落ちるように没落し、家の中の物が次々に亡くなり、家も引っ越すたびに小さくなっていった。

聡明なツタは、父の死後も母と二人、残された財産で食いつなぎ、高等女学校を卒業するが、その先の道は見えてはいない。代用教員となるが満たされず、希望をつなぐかに思えた結婚で台湾へ、出産と子どもの死、東京に戻り、夫の仕事で名古屋に行き、喫茶店や下宿屋を営む。煩悶の末「作家で立つ」決意をし、離婚。年下の医学生との恋の逃避行。結婚・子育て、夫の身内からの疎外、1932年に婦人雑誌に投稿した作品でデビューするが、これが「波紋」を呼ぶ。それが40年後に取りざたされる・・・。

興味深く読み進んだが、たくさんの物語が詰め込まれているせいか、肝心なところが書ききれていないような気がして、いささか消化不良に終わった。例えば、デビュー作品をめぐる騒動についても、作品自体の詳細な内容は割愛されているし、その「続編」についても触れているだけだ。騒動自体も上辺の出来事が並べられているだけで、深みがない。40年後に記者の取材を受けたことについても、その顛末は不明なままだ。

読み手が想像すればいいのだろうが、なんとももったいない書きぶりではないかと思う。これほどのいいテーマと登場人物がそろっているのだから、そこはきちんと書ききってほしいと思う。だから、物足りなさと中途半端感が残り、「えっ?何なん?これって?」ということになってしまった。(ささき)