東京零年 著:赤川次郎

 

昔は読みだすと止まらなかった作家といえば赤川次郎とシドニー・シェルダン。

何の言い訳にもならないが、なかなか本を読む時間を割けない今、久しぶりに赤川次郎の新刊を読んでみた。

吉川英治文学賞受賞作の「東京零年」はジャスト500ページで、吉田早悠里氏の「誰が差別をつくるのか」に匹敵する分厚さだったが、ほぼ自家用車で移動する私にはさほど重さが苦にはならなかった。

全てが監視される社会で、権力にとって邪魔な人物はことごとく消されていく。

反権力ジャーナリストとして活動する主人公の父・永沢浩介と、権力側の人間であり元検事の生田目重治を取り巻く社会派サスペンス。

10年前の作品ならば、フィクションとしてドキドキしながら読めた気もするが、今読むにはあまりにもリアリティがありすぎて、ノンフィクションのように感じてしまう部分があった。誤認逮捕や冤罪、沖縄の基地問題然り。この国が何のために、誰のために存在しているのか、どこに向かっているのか。ふと、怖くもなり、悲しい気持ちになってしまったが、巻末の「『あなたは未来を変えられる』と呼びかける希望の物語でもあります」の赤川次郎の一文に気持ちが救われた。市民の役割は権力の批判と監視である。そのことを忘れてはならないと感じた。

サラっと読める一冊なので、おすすめします。


もどる