「九月、東京の路上で」

記憶は薄れ、忘れ去られるのは仕方がないが、刻み、ときに思い起こすべきものもある。91年前の91日がそれだ。1923(大正12)91日午前1158分。相模湾を震源地とするマグニチュード7.9の巨大地震が、関東地方を襲い、死者・行方不明者は10万人を超えた。そして、修羅場と化した街では、惨劇が発生、事実無根の流言蜚語に踊らされた人々が、無辜の朝鮮人を虐殺した。 

本書の著者も述べているが、昨今、「ヘイト・スピーチ(デモ)」なるものが大手をふってまかり通るさまを見るにつけ、その記憶を重ねる人も少なくはないと思う。しかし、「南京大虐殺はなかった」「従軍慰安婦はねつ造」との歴史修正主義者の声が絶えないなか、「朝鮮人虐殺否定論」も主張されてきている。近い将来、必ず起こると言われている「大震災」が、惨劇を再現させない保証はない。

 毎日新聞( 826) はこう伝えている。

 広島市北部の土砂災害現場で空き巣が発生したことについて、「外国人による犯罪」と指摘する書き込みがインターネット上で広がっている。これに対し、広島県警は26日、「外国人が逮捕されたとの話は聞いていない」と否定した。
 これに関して、短文投稿サイト「ツイッター」などのソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)では21日ごろから、空き巣が特定の国籍の外国人による犯行だと決めつける書き込みが続き、これを受けて「デマにだまされないで」との書き込みも増えている。県警広報課は「外国人の犯罪という情報はない。現時点で容疑者が逮捕されたという情報もない」としている。

 「悪夢」は再現されるのだ。その意味でも、91年前に何があったのかを再確認し、歴史の教訓に学ぶことの意味は小さくはない。

朝鮮人あまた殺され
その血百里の間に連なれり
われ怒りて視る、何の惨虐ぞ

 これは、本書の冒頭に掲げられた萩原朔太郎の「近日所感」なる作品だ。群馬では、日本人の自警団が藤岡警察署に乱入し、県知事の命で保護されていた朝鮮人17名を惨殺するという「藤岡事件」が起こったが、朔太郎はこれを作品にして、1914(大正13)年2月、「現代」に発表した。

 さて、本書の中身だが、東京及び近郊の街を訪ね、91年前にそこであったことを記録したものだ。第1章「ジェノサイドの街で」では東京各地の、第2章「地方へと広がる悪夢」では関東地方の、それぞれ「虐殺」があった場所がたどられる。
 3章「あの9月を生きた人々」では著名人のエピソードと紡ぎ出された言葉と子どもたちの作文が事態を生々しく再現し、「虐殺」についての考察がされる。 第4章「90年後の9月」では現在に突き付ける問題を提起している。

 資料や聞き取りに基づき、丹念に事実が記されている。街は何事もなかったかのような平穏な顔をし、人々がくらしを紡いでいるが、まさにその場所で、残虐極まる「殺人」が大っぴらに行われていたことを改めて知れば、どんな気持ちになるだろうか?

 歴史の解釈を変えることはできるかもしれないが、「事実」を消すことはできないことを、本書は教えている。ジェノサイドの残響をしっかり聴き、差し迫る「危機」を見据えねばと思う。