最後の色街飛田

著:井上理津子 筑摩書房

 1111日に参加する予定だった人権スコラの「飛田学事始め」。

協会評議員の宮前千雅子さんの講座で、だいぶ前から申込をしていた。

宮前さんに何度も「11日は参加させてもらいます」とメールや手紙でアピールしていたのに、娘の高熱で参加できなくなってしまった。

楽しみにしていただけにとてもショックだった。

人権スコラのHPに、飛田新地のフィールドワークに関して、セックスワーカーの人権を守る団体からFWの実施に批判が寄せられたと書かれていた。それは結果的に飛田新地のFWに対してではなく、「FWに至るまでの過程にコミュニケーションミスがあった」というふうに人権スコラは結論づけていた。

FWに参加する予定はなかったが、そんないざこざがあったときくと、尚更参加したかったという思いが強くなり、自分のなかでなかなか諦めきれず、「ああ、悔しい。ああ、悔しい」と思っていた。

そして、ふとこの本の存在を思い出し、悔しさを紛らわすべく論破した。

著者の井上理津子さんには201212月に「人権文化のまちづくり講座」でお越しいただいた。残念ながら、育休中だった私は井上さんのお話を伺うことができなかった。

 飛田新地とは、大阪市西成区に今なお存在する「色街」である。名目上は「料亭」だ。

井上さんは飛田新地の一角にある「鯛よし百番」という遊郭建築をそのまま使用している料理屋さんに新年会で行ったときに、建物の雰囲気に驚き、何か取材ができないものかと奔走したという。

取材を開始したのが2000年の年末で、本書が出来上がったのが2011年だ。11年もの年月をかけて取材を続けた井上さんのエネルギーの凄さに頭が下がる思いだった。軒先でおばちゃんに怒鳴られ、塩をかけられながらも、友人や知人に紹介してもらい、飛田に行ったことがあるという男性にインタビューをし、飛田界隈の居酒屋で聞き込みをしたりと、とにかく取材が念入りだった。そして料理組合の幹部や、経営者、働く女性たち数名からも話を聞くことに成功する。

100年前にオープンにした飛田新地。当時は親の借金のカタや、口減らしが働く理由だった飛田も、今も女性を取り巻く貧困や、働く環境に変化はないと感じた。

もちろん現在の借金の理由はさまざまで、元来の貧困が理由のケースもあるが、パチンコやホストクラブでの借金という自分自身のお金の使い方や遊び方に原因があるケースもある。

しかし、性を商品にせざるを得ない女性の労働環境や支援が少ないということだと思った。

そこから生まれる「お金」で、少しでも甘い汁を吸おうと群がる人間たちのあくどさたるや。

 あとがきにも書かれているが、飛田で働くのは、他の職業を選べないということ、連鎖する貧困に抗えないからだ。そのベースとなる家庭教育、学校教育、社会教育が欠落したなかで育たざるを得なかったと井上さんも触れている。そういう人たちが働かざる得ないのが飛田という街なのだ。

なぜ飛田で働かざるを得ないのか。個人の問題でもあるが、やはり社会のあり方の問題としても考えていかなければいけない。社会福祉や支援やさまざまなネットワークがあれば、飛田で働かなくてもよかったのではないだろうか。

本書を読むと、やはり宮前さんの講座にも参加したかったと思った。

もう1冊の「飛田で生きる」には割愛させていただくが、こちらは井上さんとは全く違う視点からの本だった。

戻る