「天平の女帝 孝謙称徳」 玉岡かおる

「ウィキペディア」には、こうある。

日本では過去に810代の女性天皇が存在した。神功皇后や飯豊皇女を含め、彼女ら全員が男系女子(男系女性天皇)である。既婚の場合は皇后あるいは皇太子妃であり、その夫が亡くなったのちに践祚した。そのうちの68代は6世紀末から8世紀後半に集中している。推古天皇から持統天皇までは皇后から皇位に就いたが、元明天皇から後桜町天皇までは皇后を経ることなく皇位に就いた。
1.推古天皇(第33代、在位592 - 628年) - 29代欽明天皇の皇女、第30代敏達天皇の皇后
2.皇極天皇(第35代、在位642 - 645年) - 敏達天皇の男系の曾孫、第34代舒明天皇の皇后
3.斉明天皇(第37代、在位655 - 661年) - 皇極天皇の重祚(同一人物)
4.持統天皇(第41代、在位686 - 697年) - 38代天智天皇の皇女、第40代天武天皇の皇后
5.元明天皇(第43代、在位707 - 715年) - 天智天皇の皇女、皇太子草壁皇子(天武天皇皇子)の妃
6.元正天皇(第44代、在位715 - 724年) - 草壁皇子の娘、生涯独身
7.孝謙天皇(第46代、在位749 - 758年) - 45代聖武天皇の皇女、女性天皇の中で唯一皇太子からの践祚、生涯独身
8.称徳天皇(第48代、在位764 - 770年) - 孝謙天皇の重祚(同一人物)
9.明正天皇(第109代、在位1629 - 1643年) - 108代後水尾天皇の皇女、生涯独身
10.後桜町天皇(第117代、在位1762年〜1770年) - 115代桜町天皇の皇女、生涯独身


 本書は、題名が示すとおり「孝謙天皇」と「称徳天皇」その人を描いたものだ。男女を問わず、天皇は唯一無比の絶対的存在であり、全てを意のままにできる存在であった。しかし、女性天皇は「例外的」であるがゆえに、様々な困難に直面する。ぬかずく男たちの胸の内には、畏怖畏敬の念もないことはないだろうが、女帝を射抜かんばかりの野望がメラメラと燃えたっている。面従腹背とまでは言わないが、さながら雌伏の時を待つ鳥のようでもある。そして、「その時」はヒタヒタとやってくる。それは次の天皇をめぐる争闘の時でもある。

 天皇の資格の第一はその血筋で、祖霊とつながりを有するかどうかが問われる。そして、第二は、その道を掃き清めることができる有力な後ろ盾があるかどうかだ。かくして、権謀術策渦巻く世界を渡り抜いた者のみが頂点に立つ。

 しかし、「孝謙称徳帝」は生涯独身の女帝で、当然のことながら、自身の世継ぎは存在しない。次の天皇をめぐる思惑が入り乱れることは避けられず、女帝もそのために動く。時代は藤原一族が枢要な官職を占め、政治の実権を握っていた。彼らの論理は明快だ。男の天皇に一族の娘を嫁がせ、皇子を産ませて皇太子〜天皇に仕立て上げることだ。女帝はその道を閉ざすもので、邪魔な存在であり、排除すべきものだった。

 孝謙天皇は、天平勝宝元年(749年)に父・聖武天皇の譲位により即位し、天平宝字2年(758年)に病気であった光明皇太后に仕えるために退位し、淳仁天皇に譲位。天平宝字5年(761年)に保良宮に移り、病に伏せった孝謙上皇は、看病に当たった僧・道鏡を寵愛し、政務を取り仕切るようになる。これに反発する淳仁天皇・藤原仲麻呂を軍事的に制圧し、称徳天皇として復位する。 

 道鏡は「法王」にまで登りつめ、女帝は「道鏡を皇位に」という神の託宣を確かめるために宇佐神宮に和気広虫に代わって、弟の清麻呂を派遣するが、「道鏡を廃すべし」との報告を受ける。激怒した女帝は、姉弟を流す。

 物語は、その広虫が女帝亡きあと、赦免されて奈良の都に戻るところから始まる。女帝の傍に仕え、女帝の意を臣下に伝える女たちの一人であった広虫が味わった苦難の裏側で展開されていた出来事が謎解きのように一つひとつスリリングに明らかにされていく。そのキーワードは、男の支配に対する女権の確立ということだ。権力闘争や政治闘争の道具として、時に重宝されるが、その時がすぎれば無慈悲に打ち棄てられるのが女たちの定めだった。それをよしとせず、女が女として、男と並び立つ存在となる規範の確立を求めた女帝。それが成就していれば、歴史は書き換えられることになったやもしれない。しかし、女帝の遺志は蔑ろにされ、男権復活のシナリオが粛々と進行していく。 

 一方、女帝の遺志を実現するために動く広虫たちの前に、奇怪なことが次々に起こる。女帝の傍には、その身を守る熊襲が影のように付き添っているが、その際に重要な役回りを演じる。女帝をはじめとする死にまつわる疑惑、それらの死は仕組まれたものなのか?誰が、何のために?

 称徳天皇のあと、江戸時代の明正天皇まで859年間、女帝は誕生しない。それが全てを物語っているのではなかろうか。(ささき)