「石川啄木」 ドナルド・キーン

啄木に関する評伝の類はたくさんありますが、ドナルド・キーンの「石川啄木」(2016226日発行)は、「ローマ字日記」に代表される「啄木日記」を読み解きながら、啄木の生涯を追っています。だから、その時々の啄木の姿と暮らしぶり、物の考え方などが垣間見え、イメージすることができ、啄木その人の「素顔」を知るためのまたとない好著と言えます。 

「啄木日記」は一つの文学作品と言われるように、読むだけでも価値がありますが、それを読み通すのはなかなかの難行だし、書かれた時の状況を的確につかむことは難しい。だから、啄木の足跡をたどりつつ、それを日記と参照し、論評するという本書の作り方はとてもいい。

函館、小樽、釧路と流浪の旅をせざるをえなかった啄木。東京に出てきたけれど、小説は売れず、自堕落ともいえる生活に溺れる啄木。妻子と親を呼び寄せたのはいいが、貧乏と家族の不和と夫婦のいさかいに骨身をすり減らす啄木。もちろん、これらの責任の多くは自らの「天才」を過信した啄木自身にもありますが、それを貫き通したからこその啄木でもありました。

作品は、生前はほとんど評価されませんでしたが、死後に得た名声は今も続いています。日記について、啄木は生前、死後に焼却するように言い残していますが、妻の節子がそれに従わずに遺しました。節子は、啄木の親友でもあり、妹の夫でもある宮崎郁雨に、「啄木が焼けと申したんですけれど、私の愛着が結局さうさせませんでした」と話しています。それがあったからこそ、啄木の息遣いに触れるという、貴重なことが可能になったのです。 

そして、節子は宮崎にあてた手紙で「古今を通じて名高い人の後には必ず偉い女があった事を覚えて居ます。私は何も自分を偉いなどとおこがましい事は申しませんが、でも啄木の非凡な才を持てる事は知ってますから今後充分発展してくれるやうにと神かけいのって居るのです。だから犠牲になる等と云われると何とも云われず悲しくなるのです。」と書いています。 

貧窮のどん底にあって、絶望と隣合わせのくらしの中で、心の奥底に灯り続けている啄木への信頼を見ることができます。命あるときも死んでからも、まさしく節子あっての啄木だということができます。本書は啄木伝として書かれているが、一皮めくると節子が顔を出してきます。二人は切り離すことができないことがわかります。 

著者のドナルド・キーン(1922618日〜)は93歳。アメリカ出身の日本文学と日本文化研究の第一人者。20113月の東日本大震災後、被災地の懸命に生きる人々の姿に「いまこそ私は日本人になりたい」と日本永住・日本国籍取得の決意を表明。20123月、帰化申請が受理され日本人となる。日本国籍取得後の正式名はキーン ドナルド。雅号「鬼怒鳴門」を使うこともある。 (ささき)