それでいい。

細川貂々・水島広子 創元社

「ツレがうつになりまして」の作者細川貂々さんと、精神科医の水島広子さんのやりとりを記した一冊。

自身をネガティブ思考クイーンだと自称する細川貂々さん。「ツレうつ」を読んだ限りでは全くそんなことを感じなかった。しかし、「ツレうつ」のなかで、「ツレ(夫さん)よりも、私のほうがマイナス思考なのに」と書いていたり、3.11後に関東から宝塚に引っ越されたと聞いたときに、「よし!講師依頼や!」と思ったら、「絵を描く以外の仕事はお断りします」とHPに書かれていたことや、ツイッターが全公開ではなく、承認した人だけに公開しているのを見て、もしかしたら人間関係がしんどいのかなとふと感じたことがあった。

そしてこの本を読んで、やっぱりそうだったのかぁと思った。

幼い頃から母親に「あなたは何もできない子だから何もしなくていい」「どうせ人生なんていいことない」そんなことを言われて育ったという。

お母さん自身も病んでいたんじゃないのか?と疑問に思ったがここでは割愛する。

そんな貂々さんの状況を知った知人が、精神科医の水島さんに会ってみれば?と勧めてくださったそうだ。

 

対人関係療法という精神療法を専門にする水島さん。対人関係療法というのは、「病気は対人関係の中で発症し、対人関係のおかげで治る」というところに焦点をあてていく治療法だ。

その通りだなと感じた。人とのやり取りによって心を病むが、それを癒し、直してくれるのも人なのだ。

母親の影響で自尊感情の低い貂々さんは、自分がネガティブ思考であること、ウジウジしてるとこ、言いたいことが言えないことなど、自分が嫌で嫌で仕方がなかったそうだが、水島さんに対人関係におけるヒントやコツを教えてもらうことで、「ありのままのいまの自分でいいんだ」ということに気づいていく。

そして、「それでいい」ということに気づきます。

 

水島さんいわく、コミュニケーションのなかでも、「沈黙」というのが一番悪いコミュニケーションだという。私の夫は、気に入らないことがあると、すぐに黙る。そしてムスーっとした顔をする。昨日、早速「それはやめてください。一番最悪なコミュニケーションの方法です。言いたいことは言葉にしてください」と伝えておいた。

他者に対する「役割期待」はものすごくうなずけたし、毎日忙しくて時折、漠然とした不安に襲われることがあったり、イライラして娘を頭ごなしに怒りそうになるときがある。

そういうときは「それでいい」とつぶやこうと思いました。



戻る