思想としての朝鮮籍

著:中村一成(いるそん) 岩波書店


世界人権宣言69周年記念豊中集会でお話いただいた中村一成さんのテープ起こしが終わった。

戦後の朝鮮人の歴史、排除されてきた歴史、必死の思いで一世、二世たちが建てた朝鮮学校の歴史、そして無償化裁判のいま。

なんとも濃い内容だった。

 

歴史の年月日や事実誤認がないようにと思い、中村さんの「思想としての朝鮮籍」も読んでみることにした。

戦前、戦中、戦後に朝鮮半島から日本に渡ってきた人、日本で生まれた人、そんな朝鮮人6人をインタビューした一冊の本である。

生きるという営みがとてつもなく重い。

「朝鮮人」というだけで殴られ、いじめられ、からかわれる。インタビューに答えてくれた6人の方、すべての人に共通するものであった。

詩人の鄭仁さんなんかは、障害があるために、朝鮮人としての差別よりも障害者差別をより強く受ける。

「障害は絶対的に少数者だしマイナーよ。絶対マジョリティにはならない。(中略)上昇志向への忌避感というかね」

なぜかこの部分にものすごく胸をつかまれた。受けてきた差別があったゆえの感性なのだろうか。

あるときは日本人として、そして国籍が喪失して外国人となり、排除され、記号として与えられた「朝鮮」という国籍。

それぞれが語るアイデンティティやナショナリズムにはさまざまな歴史が語られている。

今の私にはキャパオーバーしてしまいそうな内容だったが、中村さんの講演を聞いていなければこの本をめくっていなかっただろう。必然だったのかと感じた。

韓国から渡ってきた祖父母、母方の祖母は日本で生まれている。

祖父ひとりを置いて、韓国に帰った祖父の兄弟たち。

本書に出てくる6人の人物と同じような人生を歩んだのか、それとも違ったのか。

そして時代に翻弄されたの一言では片づけられない。在日朝鮮人を取り巻くなかの、
この国、そして組織(総連や共産党)のなかにも常に「排除」というものが、存在していた事実に衝撃を受けた。

生きることの意味、自分にとっての祖国、国籍とは何なのかをとにかく考えさせられた。

まとめる作業はきっとものすごく大変だっただろうなと読んでいても感じる一冊だった。



戻る