戻る

「死に支度」

瀬戸内寂聴

 

 この本のタイトル「死に支度」と、帯に「いつ死んでも悔いはない、毎日が死に支度」が本を読むのが苦手な私の目に留まりました。

 寂聴さんが91歳の誕生日の目前に、52年間付き添ってきた68歳のスタッフを筆頭に全員が辞めると言い出した。

自分たちを養うために働くのはもうやめて、これからは大事な仕事だけに専念してほしいとの彼女たちの思いに心を打たれ「卒寿革命」を決意された。

 ただ一人残った一番若い66歳年下のスタッフと共に、新たな生活が始まり、イマドキ女子の生態に興味津々で若いスタッフをスッと受け入れるかわいい一面を見せる一方、老いに悲観的になることもある。

 51歳で出家した寂聴は、「出家は生きながらにして死ぬことだから、ほんとはもう死んでいる、今ある現身は仮の姿」と言いながらも、これまでの人生を振り返り、出会った愛する人たちや出家者たちの死を通して自らの「理想の死」をさぐる。

 だれもが避けては通れない死をどう向かえるかを、ほっこり、晴れやかに綴られた一冊です。