「精霊の守り人」   著:上橋菜穂子


恥ずかしながら、本の存在を知ったのは、NHKで「精霊の守り人U」がドラマ化がされたのがきっかけだった。
NHKのドラマはCMがないし、なかなか面白いテーマを取り上げている。

「美白」の代名詞ともいえる綾瀬はるかが槍の名手で女用心棒を演じるという。
あの綾瀬はるかが。
箸よりも重いものを持ったことがなさそうなイメージの綾瀬はるかが。

まず、どんな殺陣を演じるのか、そこが気になり、とりあえず「連ドラ設定」で9回全てを録画することにした。

新ヨゴ皇国の皇子チャグムの用心棒を頼まれたバルサ。
精霊の卵を身体に宿したチャグムは父の帝に暗殺されそうになる。
そんな幼いチャグムを守るべく、様々な敵と戦うバルサの物語が繰り広げられる。

ドラマ「精霊の守り人U」は、「神の守り人」からの展開になっている。
1話だけを見て、「これはきっと原作のほうが面白いはず」と思い、文庫本を読み始めた。


やはり原作のほうが断然に面白かった。
ドラマはNHKなだけあって、ものすごくお金がかかっていて、出演している役者陣もすごいが、
小道具なども見応えがあった。

貴金属が貴重だったのか、指輪ではなく、全ての指に入っているタトゥーに、リアリティを感じた。
きっと何百年も昔のオシャレは、そういう感じだったのかなと思った。
原作とはまた違う楽しみができるのもドラマの醍醐味だと感じた。

原作は10冊のシリーズものだが、1冊1冊で内容が完結している。
とはいえ、1冊を読み終えると、次が読みたくなる。
そんな素敵な上橋ワールドに仕上がっている守り人シリーズ。

絶賛子育て中でなかなか本を開く時間がないが、なんとか6冊を読み終えた。
全部読み終えてからドラマを見ようと思い、ドラマはまだ1話しか見ていない。

そのうち、シーズン3が始ってしまう気もするが、それまでにはなんとか読み終えてドラマも堪能したい。


戻る