「差別と教育と私」

著者:上原善広

 

  大阪の被差別部落に生まれ、中学校での解放教育で自分が救われたことを明らかにし、今では昔のことに成りつつある解放教育・同和教育が何であったのかを検証されたものです。

 

1973年大阪の被差別部落に生まれました。

中学生の頃は、ケンカに明け暮れ、シンナーを吸い、お酒を飲み学校へ行くなど、とても荒れた日々を送っていました。しかし解放教育のおかげで更生することができました。

解放教育とは、差別は同情融和されるものではなく、闘い解放されるべきものだとする理念を進める教育である。その一つに「部落民宣言」がある。これは児童生徒が自ら被差別の出自を級友たちの前で話すと言うもので、そうすることで社会に出ても堂々と自らのっ出自を表現し、誇りをもって生きてほしいという意味も含まれていると書かれています。

上原さんの場合、解放教育を進める担任の先生に促され、自分が被差別地区の生まれである事、両親の仲が悪くとてもつらい思いをしたことなどを話した。  

心の中に溜まっていたものを一気に吐き出したことで心が軽くなったためか、その後、非行行為はなくなっていったという。

上原さんには解放教育はとても有効であったが、そうでない場合もあります。

「部落民宣言」はほとんどが強要されて行うことが多く、トラウマになってしまった話もよく聞きます。

また解放教育は多くの混乱や対立、大惨事を引き起こした事もありますが、それらを全てひっくるめて、自らの受けた解放教育に懐かしさを感じられています。

 

多かれ少なかれ上原さんのような思いは、被差別部落で生まれ育った者は持っていると思います。以前の解放教育をどのようにとらえ、今の(これから)の人権教育を考えさせられるものです。部落に生まれ、あれた 




もどる