「差別語とはなにか」(塩見鮮一郎)より

 228ページの薄い文庫本だが、内容はギッシリ詰まっている。パラパラとめくったら、最後に「差別、その『歴史的』構造をめぐって」と題した五木寛之さんとの対談があり、ちょっとのつもりで読みかけたが、引き込まれ、結局、始めから読むことになった(200910月発行)。 

で、引き込まれた箇所は、以下の部分だ。 

五木

政治的な状況で言うと今インドがものすごい勢いで変わりつつあって、GNPも伸びてきているし、例の故アンベードカル博士の新仏教運動が、日本から行っているいろんな仏教家たちも共闘してて、ものすごく大きな広がりを見せてきているわけですね。インドの仏教は滅びたというけれども、今インドがいちばん宗教がラディカルに伸びつつある。

二、三日前に、インドにいる山際素男さんから電話がかかってきて、今度指定カースト(旧不可触賤民)の連合政権が、VP州を完全に制したから、やがて中央政権もとるかもしれないと言っている。いまインドで仏教へ改宗した人の数は二千万人ちかくに達したというんですよ。信じられない数です。そういう状況だったら、われわれが何千年変わらないインド社会と見てても、それは随分やっぱり変わるんですね。

その変わるということを見ていれば、日本人の数千年におよぶコメ信仰も変わるんじゃないか、あるいは差別の構造も変わるんじゃないか、まして数百年でできあがった差別を変えられないことはあるまいと思うけれども、そこでどうしても引っかかってくるのは感情とか記憶とか、そういった意識でない部分の根強さなんです。頭を切りかえることはできるんですよ。でも感情を変えることはむずかしい。

戦後たちまち皇道哲学者が民主主義に切りかわることができるんですから。頭を切りかえることはできるけれども、皮膚感覚とか本能的ないわゆる記憶みたいなものを変えるのはなかなか難しくて、しかもそれはずっと集合的に伝えられてきたものですからね。伝えられるというのは遺伝子の構造もあるかもしれないけれども基本的にわれわれの差別というのは差別の意識であると同時に差別の感情なんです。その感情をどうするのかという問題だと思う。 

諸行無常:この世に存在するすべてのものは、同じ状態を保つことなく移り変わっていき、永久不変なものなどないということ。
万物流転:この世にあるすべてのものは、常に移り変わるということ。

といった言葉があるように、変わらないものはないのは間違いないだろう。では、「差別」はどうかというと、歴史的な流れを振り返れば、そのありようも含めて、「変わってきている」ところあると言えるだろう。しかし、「頭を切りかえることはできるけれども、皮膚感覚とか本能的ないわゆる記憶みたいなものを変えるのはなかなか難しくて、しかもそれはずっと集合的に伝えられてきたものですからね」「差別というのは差別の感情で、それを変えることはとても難しい」との五木の言葉は、差別の根っこを指示しているといっていいように思う。 

かつて部落差別はあって当たり前だったが、現在ではあってはならないものというところに意識変革がされ、社会的に共有されるまでになった。意識や思想は変えることができるが、人間が奥深いところにしまい込んでいる感情にはおいそれとは迫れない。そして、差別は感情が支えているとしたら、これまたおいそれとはなくならないことになる。しかし、部落差別がなぜ生き続けているのかという問いに対する答えの一つがここにあるはずだし、私たちが何を・どう問題にしていかねばならないかがあると思う。「集合的に伝えられてきたもの」「遺伝子の構造もあるかもしれない」と言うに至っては、まさしくというほかはない。差別に絡みついている感情をどうするのか、問題はさらにさらに深いことを知るとともに、妙なワクワク感を覚えたりもする。(ささき)