「利休にたずねよ」

著者:山本兼一

 


機関誌に掲載する予定が紙面の都合上、割愛することになった。

 

主演俳優が好き(半兵衛役の俳優も)という理由で昨年の大河ドラマ「軍師官兵衛」を見ることにした。
リアルタイムで見ることが難しいので毎回録画して、娘が早く寝てくれた日に洗濯物をたたみながら鑑賞。ようやく最終回まで見終えた。

結果的には私より夫が官兵衛にはまった。

官兵衛が一年あまり幽閉されていた有岡城が豊中からすぐ近くの伊丹だったこと、
いつでも行けるわと思って全然行っていない大阪城や姫路城には深い歴史があったこと。
過去の出来事としてしか見ていなかった歴史と今の生活を切り離して考えていた自分に気づいた。

ドラマにはもちろん利休も出てきた。ドラマでは利休の出自についてはさほど詳しくは語られていないが、
本書には官兵衛が出てきたのでちょっと嬉しくなった。


本書は利休の切腹当日(1591年・天正19年2月28日)からさかのぼっていく。
利休から始まり、秀吉、家康、石田三成、妻の宗恩など利休と関わりの深かった人々の語りが一人称というのがまた面白い。

利休の美しいものへの執着。切腹を命じられた理由は諸説あるが、どれが事実なのかはわからない。
天下人の秀吉からすれば理由などどうでもよい。美しいものへのこだわりが強く、
利休の手にかかれば何もかもが完璧に作られてしまうことに秀吉は恐怖を感じたのだろう。
なにゆえそこまで「美」へのこだわりが強いのか。いわんや生きることへの執着なのか。

「生」への執着であれば、秀吉に詫びて切腹をまぬがれたはずだが、利休は切腹を選んだ。
実際に詫びるようなことは何もしていない。
読み進めるほどに時間は過去へと戻り、物語は19歳の利休が起こした思いもよらない事件で締めくくられる。
なんとも神妙な気持ちにさせられる。

「軍師官兵衛」の利休役は伊武雅刀が演じていた。本書の映画版では市川海老蔵が演じていた。
髪型のせいもあるがどちらもしっくりくる。

読んでいる最中に気づいたが、表紙が2枚あった。映画の宣伝だろう。
恥ずかしいので途中から花のほうに変えた。

茶道のみならず今ある文化や伝統に利休は大きな影響を与えたといわれている。

私はお茶もお花もたしなんだことは一度もない。茶道や華道は生活に余裕のある人が楽しむものという偏見があった。
そんな私がなぜこの本を選んだのか、読んだのか。


2011年6月にお越しいただいた中島渉さんのお話がとても面白かったからだ。
日本のみならず各国の伝統芸能や文化というものが被差別民と深く関わりがあるということや、
利休の素晴らしさを丁寧に語ってくださった。今思えばあれほどまでに話に引き込まれたのは、
中島さんが本当に楽しそうに嬉しそうに目をキラキラと輝かせながら文化や歴史について話していたからだと4年経った今、気づいた。
人との出会いに刺激を受けて私の価値観は広がった。中島さんとの出会いがなければ読むことはなかった気がする1冊だった。

中島さんの講演録は31号(2011年9月)に掲載しているのでお持ちの方は是非ご覧になってみてください。

 


もどる