「パンとペン」 黒岩 比佐子



堺利彦(
18701933年)は、「大逆事件」では幸徳秋水ら12人の仲間が縊り殺され、「関東大震災」では大杉栄らが虐殺されるなか、二度とも監獄にあったことによって命拾いをし、厳しい“冬の時代“を生き抜いた社会主義者だが、その足跡はあまり知られてはいない。黒岩さんの精魂を傾けたかのような緻密で詳細な調査によって、堺利彦の全貌が見事に明かされている。そして、その活動の軌跡をたどると、時代を読む確かな眼力、退くところと打って出るところとを心得た肝のすわり、多士済々な人的ネットワークを駆使した起業力など、その才が如何なく発揮されていることが読み取れる。幸徳も大杉も堺があってこその存在であったとも言えよう。 

末尾の年譜からひろってみる。

 1870(明治3)年、没落士族の3男として、豊前国仲津郡長井手永大坂村松坂(現在の福岡県京都郡みやこ町犀川大坂字松坂)に生まれ、豊津中学校を首席で卒業。上京後、共立学校で英語を学び、第一高等中学校入学。友人たちに誘われ吉原に登楼し、学費滞納により除籍処分を受け、大阪や福岡で新聞記者や教員として勤めながら、文学の世界で身を立てるべく小説の執筆を始める。1897(明治30)年、同郷の末松謙澄に招かれて東京の毛利家編輯所で『防長回天史』の編纂に従事する。 

1899(明治32)年、『萬朝報』に入社し、社会改良を主張する論説や言文一致体の普及を図る一方で、社主の黒岩涙香、同僚の内村鑑三、幸徳秋水らと非戦論を唱える。1903(明治36)年に『萬朝報』は、日露戦争に際し主戦論に路線転換したため、内村、幸徳とともに退社。1904(明治37)年、平民社を開業して週刊『平民新聞』を発行し、非戦論・社会主義の運動を開始する。第53号(19041113日)に幸徳との共訳で『共産党宣言』を翻訳して掲載した(日本における最初の『共産党宣言』の翻訳)。

 1905(明治38)年に社会主義機関誌『直言』にエスペラントに関する記事を掲載。1906(明治39)年に日本社会党を結成して評議員・幹事となり、日本の社会主義運動の指導者として活躍をはじめる。1908(明治41)年の「赤旗事件」により2年の重禁固刑を受け、入獄中に「大逆事件(幸徳事件)」が起こるが、獄中にいたため連座を免れて出獄。大杉は「春三月縊り残され花に舞う」と詠んだ。 

1910(明治43)年に『売文社』を設立して、1914(大正3)年に雑誌『へちまの花』、次いでその後継誌『新社会』の編集・発行をはじめとする事業をおこなって生活の糧とするとともに、全国の社会主義者との連絡を維持する。1919(大正8)年、「売文社」を解散し、「社会主義研究」を創刊するとともに、「新社会」を発刊する。この「売文社」の時代があったればこそ、同志たちは生き延びることができたし、つながりを保つことができた。堺が生かされたのは、運命のいたずらとも言えるが、「冬の時代」を生き抜き、春の芽吹きを準備する、その仕事のためであったと言えよう。 

1920(大正9)年に日本社会主義同盟が結成されるが、翌年に禁止される。1922(大正11)年、日本共産党(第一次共産党)の結成に山川均、荒畑寒村らとともに参加。1923(大正12)年、市ヶ谷刑務所拘留中に関東大震災に遭う。獄中で大杉らが虐殺されたことを知った堺は、当時の心境を「震災の獄中」でこう述べている。「大杉君と私との交わりは殆んど二十年の歴史を持ってゐる。而も其の歴史が或時は我々をして義兄弟とのならしめた。或時は親友ともならしめた。(中略)大杉君と私との間に於ける、主義の争ひ、態度の差異、それは確に拭ひ去る事の出来ないものであった。けれども、少し広い意味から云い、少し遠い眼から見る時に、我々の肉体的連結を否定する事がどうして出来よう。『大杉君がやられた』のは即ち私がやられたのである。少なくとも、私の肉体の一部がやられたのである。」

 1929(昭和4年)に東京市会議員に当選。1933(昭和8)年の1月に脳溢血で死去(享年64)

 本書で驚いたことはいくつもある。例えば、結社を作ったり、新聞や雑誌、機関紙誌の発行を幾度もやっているが、その都度、当局の妨害・検閲にあい、解散・発禁処分にあっている。演説会をすれば、「注意」「中止」「解散」させられ、抗議すれば検束される。それが、まるでイタチごっこのように繰り返される。そして、罰金が科せられ、投獄という仕打ちが襲うのだ。投獄された社会主義者第一号である堺も5度ぶちこまれているが、“楽天囚人”と称してやりすごし、出てくるとまたやるのだ。この根性というか、精神力というか、しぶとさには脱帽するしかない。もちろん、お金はない。それなのにちゃんと工面するのだ。

 こんな芸当は並の者にはできない。したたかさと利発さ、人望と人間的魅力が不可欠だ。それを持ち合わせているのが堺利彦だった。国家権力から「主義者」とみなされれば、“犬”と呼んだ官憲に24時間監視・尾行され、訪問者も執拗なチェックを受けた。そして、「大逆事件」を機に弾圧はいよいよ強まり、息苦しい時代になっていく中、戦線離脱する者、急進化する者、宗旨替えをする者など、分岐がおこる。堺はかの忠臣蔵の大石内蔵助のように猫をかぶることにし、獄中で温めた「売文社」のプランを実行していく。これは今で言う編集プロダクションのようなもので、書簡や演説、借金依頼の代筆から翻訳、新聞雑誌の原稿書き,広告文の作成、雑誌書籍の出版など、あらゆる文筆代理を請け負った。これによって仲間の仕事をつくり、生活をささえたのだ。こんなアイデアを生み出すユーモア精神と、トコトン同士を大事にする人間的度量、ここに彼の真骨頂を見る。

 堺をそうあらしめているものは何か?わかるはずがないが、やはり刑死した幸徳ら12人の仲間への限りない哀惜の念と、自らが生き延びたことへの自責の念があったのではないだろうか。彼らの遺体を引き取り、荼毘に付し、その後遺家族訪問の旅に出たが、堺の胸中は憤怒と悲嘆、絶望にあふれていたはずだ。面倒見のよさも堺なればこそと言っていい。そして、生き抜くことが彼らへの最大の手向けであり、権力に対する最も効果的な反撃(復讐)だと考えたに違いない。堺は幸徳の墓前で「行春の若葉の底に生き残る」と詠んだ。

最後に著者は記している。 

―死の4日後(127日)、青山斎場で行われた告別式は前代未聞だった。臨官が参列者の弔辞に「注意!」「中止!」と声をかけ、娘の真柄の謝辞は「中止、解散」の声にかき消されてしまった。真柄が伝えようとしたのは、堺が妻の為子に書き取らせた言葉、「帝国主義戦争絶対反対」だった。真柄は言う。「常に棄石埋草(すていしうめぐさ)として働きたいとしていた父でありました。今日の父を、棄石とし、埋草として、全無産階級の戦争反対運動の肥料たり、口火たり、糸口たらしめていただけたらと・・・」

 しかし、堺が最後に言い遺した悲痛な叫びは、軍靴の響きにかき消され、踏み躙られていった。そして、堺の事蹟は脚光を浴びることもなく、讃えられることもなく、人々の記憶から消えて、文字通り「棄石埋草」となった。それは堺が自ら望んだ生き方だった。―

 そのしたたかな生きようと緻密な思考、ぶれない思想、確かな現実感覚に基づく実業家ぶりには鼓舞される思いがする。その意味では、今の時代、私にはやれることはまだまだありそうだ。無から有は生じないが、無為のままでは事態は動かない。そう、仕掛ければ反応は返ってくるはずだから。

 「あとがき」(20107月)にも触れておかねばならない。

 全体の5分の4まで書き進めたところで、黒岩さんはすい臓がんを宣告され、200912月、入院加療を余儀なくされる。まさに命がけで書ききったのだ。しかし、20101117日に52歳で亡くなった。死後(2011年)に第62回読売文学賞(評論・伝記部門)を受賞した。