「大人美容 始めること、やめること」

地曳いく子・山本浩未 宝島社

 

正直、業務とは全く関係のない書籍ですが、仕事関連の本ばっかり読むのも心が重くなるので、寄贈でいただいた機会に読んでみました。

 

自分の顔は自分では見えない。鏡を見ないと自分の顔は見えない。

いつも他人の顔ばかりを見ている。「あの人、太ったね」「老けたね」「えらい痩せはって」と、他人の変化にはとても敏感に反応する。

見えていない自分自身もしっかり変化していることは棚にあげて。

いつまでも自分だけが若くて元気と思いがちだが、生きてる人は皆、年を取るし死を迎える。

しかし、自分だけはずっと若いと勘違いする。

かくいう私もそのうちの一人だ。

 

自分も年を取るんだとようやく気づいたのが二人目を出産してからだった。

産後のしんどさが、出産のせいなのか、年のせいなのかわからない。

卒乳したのに抜け毛が止まらない。常に体のどこかしらが痛い。

忙しすぎてなかなか自分の顔を鏡で見る時間もない。はちきれんばかりのお肌の赤ちゃんと一緒に写真を撮ったときの自分の劣化具合に気絶しそうになった。

 

もともと美容には興味はあるほうだった。

基礎化粧以外はあまり好きではなく、ポイントメイクはほとんどしない。

口紅も唇が荒れるからワセリンを塗って、そのテカテカをグロスに見せている。

 

本書は50代のスタイリストとビューティアドバイザーの二人が大人の女性向けにお肌のお手入れについて指南している。

20代のお肌はスポンジケーキ。50代はミルクレープ」という表現に爆笑したし、大いにうなずいた。まさにその通りだ。ハリのあるお肌は何をしても綺麗だ。多少濃いめの化粧だろうとも、お肌がきれいなら許される。しかし50代にもなると、土台のお肌がやや頼りないから、かなり無理が生じる。

かといって、50代がダメといってるのではない。人生経験を積んだ女性たちの内面から溢れる美しさや、年齢を重ねたからこその美しさというものがある。そこまでくるとお肌だけの問題ではなく生き方の問題になってくるが。

 

20代のときのような無茶(酔っぱらってメイクをしたまま寝たり)は絶対にできない。

本書は美容整形や高価な化粧品を使うよりも日々の積み重ね(努力)の大切さを力説している点がとても共感できた。そして早速、クリームを買いに走った。

人は見た目がすべてではないが、見た目が与える印象というのはとても大きいし、見た目で左右されてしまうのも事実だ。

お肌が綺麗ということは、体のコンディションもよくて、結果的に気持ちも上向きになる。興味のない男性には共感を得られないかもしれないし、所詮自己満足の世界かもしれない。

だけど、それが自信に繋がり、思考が前向きになるなら、お肌のお手入れに時間を費やすのは全く問題ないし、素敵なことだと私は思う。



戻る