「大本襲撃」~出口すみとその時代~ (早瀬圭一)


亀岡市といえば、トロッコ列車に保津峡、明智光秀が浮かぶが、立ち寄る機会があった。JR亀岡駅から南を望むと緑の森が見えるが、そこは亀岡城址。駅前からの道を突き当ると堀があり、左に折れて回り込む。すると、「おほもと」と書かれた看板がかかった大きな門の前に到着(約
10分)。両側は松並木、その奥には梅園があり、すでに花をつけている。真っ直ぐに伸びる砂利道の向こうには森が見える。

 突き当りまでくると、建物が幾棟もあることがわかる。雨上がりの月曜日の朝ということもあるのか、出会う人はいない。受付を捜して、手近な建物に入り、案内を乞うと、記名を求められ、案内地図をもらい、苑内を散策させてもらった。

 亀山城を築いたのは明智光秀で、德川時代には「天下普請」により大修築される(その時の石垣が残っていた)。明治になり、「廃城令」により1877年に払い下げられ、売却される。その後、1919年に「大本」が敷地を購入し、拠点として整備した。しかし、戦前、二度に亘って不敬罪および治安維持法違反で国家権力の弾圧を受け、施設は徹底的に爆破・破却された。が、眼前に広がる風景は、穏やかそのもので、自然が織りなす四季が見事で、その傷跡はなかった。

 また、「ギャラリーおほもと」には、出口王仁三郎(1871- 1948年)の耀碗をはじめ、出口なお(1837- 1918年)の御筆先、また大本の歴代教主の書・画・陶芸等の作品が展示されているが、いずれも一級品と評価されている。これだけでも見る値打ちがある。

 本書には、「おほもと」に対する二度目の弾圧がなぜ仕組まれ、どのように行われたのか、「おほもと」の起こりから書き起こし、治安維持法下の残虐極まる特高による拷問、それに耐えて非転向を貫く信者たちの姿、法廷での裁判の様子などが記されている。特に、二大教主・出口すみこ(1883 - 1952年)その夫・出口王仁三郎に焦点があてられている。

 国家権力は、不徹底に終わった一度目を教訓に、二度目に向けて計画的に人を配置し、時間をかけ、マスコミが嗅ぎ付けないように秘密厳守で準備を整え、襲いかかった。対する「大本」は、これに正面から抵抗はせず、従容として縛に着いた。まるで、一連の事態を予期していたかのような振舞いだ。しかし、新聞は号外をだし、「大本」は邪教であり、国賊団体、陰謀団体と決め付け、王仁三郎は国賊・逆賊で、死刑もしくは無期懲役で断罪・抹殺すべきだと攻撃した。こうした一方的な報道により、「大本」信者は大人だけでなく子どもまでもが社会から非難・差別され、迫害に晒された。

 第一次大本事件(19211927年)では、不敬罪と新聞紙法違反の疑いで、出口王仁三郎教祖ほか数人が検挙され、王仁三郎は126日間の未決生活ののち保釈。大審院で前判決を破棄・再審理中、大正天皇の死去により免訴となった。しかし、第二次大本事件(19351945年)では、政府が教団の聖地を没収し、施設を破壊、信徒3000余人を検挙、拷問などで16人が死亡。第二次世界大戦終結前に治安維持法無罪の判決が、また終戦に伴い不敬罪も解消した。しかし、「大本」はこの事件で国への賠償・補償要求について、「政府からの賠償金といっても、国民の血税から受けとることになる」という王仁三郎の言により、いっさい行わなかった。

 二度にわたる苛酷な弾圧にも屈することなく、信仰を貫き、地中に埋められた石を掘り起こして石垣を再現し、建物を再建した信者たちの不撓不屈ぶりには驚くしかない。人はここまでの境地に達することができるのかと唸ってしまう。一方、弾圧する側は、あらゆる手段を用いて、情け容赦なく「自白」「転向」を強要した。人は強く、優しくもなれるが、残虐非道にもなれるのだ。 

こうした時代があって今があるわけだが、その今も何だかきな臭い動きがあちこちで見られ、ヒタヒタとかの時代が迫ってきそうな気がする。かつてあったことではあるが、忘れてはいけないことであることは間違いない。