この本は、著者が実体験した沖縄戦について、当時の様子を細かに書かれています。

その沖縄には、今も米軍基地があり、辺野古への移転問題を抱えています。韓国・中国との関係も悪化しつつある今、政府は「戦争を放棄する、戦力を持たない、戦わない」と定めた憲法9条の解釈を変更し、集団的自衛権を行使できるようにしようとしています。

 

著者は当時13歳でしたが、敵が攻撃する中を逃げ惑った恐怖や、大勢の人が体を吹き飛ばされながら死んでいく光景は、70年の月日が過ぎた今でも、忘れようとしても忘れることが出来ません。

2011年に起きた東日本大震災後の被災地の様子は、終戦直後の沖縄にそっくりでした。震災の時は被災者がお互い助け合いがあり、人間の本質的な優しさや思いやりがありました。しかし、戦争はお互いに殺し合い、食糧を奪い合い、思いやりや優しさを忘れてしまいます。戦争が人を狂わせてしまうのです。それだけではなく、戦争は個人の夢や幸せを奪い、国のために尊い命さえ捨てさせようとします。そんな戦争の愚かさと恐ろしさを、皆さんに知っていただけたらと書かれました。

沖縄戦では、夢や希望にあふれた中学生や女学生が「お国のため、天皇のため」と教育され、戦場で死んでいきました。人が人でなくなるのが、戦争です。一人でも多くの子どもたち、大人たちにこの現実を知ってもらい、未来の日本が平和であるよう、祈り続けています。と締めくくられています。

 

この本は、小学6年生でも読めるように、とても分かりやすく書かれています。実際に小学生が読んだ時に、どれくらいイメージが持てるのかはわかりませんが、短く読みやすくなっています。しかし、内容は、体験された様子がそのまま書かれているので、小学生が手術の手伝いをする場面などでは、負傷された方が、麻酔なしでの手術に「殺してくれ」と叫ぶ場面があったりします。

そこには、同じ事を繰り返してほしくない、絶対に戦争はダメというメッセージが込められていると思いました。

自分も、30年早く生まれていたら、同じ経験をしていたかもしれないし、死んでいたかもしれない。今の社会がどれだけ安心な社会か、絶対に守らないといけないと、改めて強く感じることが出来ました。



戻る

書評「13歳の少女が見た沖縄戦」   著:安田未知子(やすだ・みちこ)