「日本会議の研究」 菅野 完(すがのたもつ) 

日本会議が出版停止を求めた噂の本「日本会議の研究」には、日本会議の生い立ちと足跡と狙いと運動スタイルと人物群が克明に書かれている。ある意味これらはタブーの領域に関わる事柄でもあり、暴露・公表されることは、彼らにとってみれば許されざることなのだろう。

通読して驚いたことはいくつもある。そもそも「日本会議」が、時の政権に対してこれほどまでに力を持つに至ったのはなぜかというのも大きな問題だが、それは本書の前半で克明に書かれている。私が一番興味をそそられたのは、帯の裏に書かれている「一群の人々」に関する記述だ。その「人々」とはどんな人か?

椛島有三=1945年生まれ。日本会議事務総長・日本青年協議会理事長。1966年、成長の家信徒の子弟による「生長の家学生会全国総連合」(生学連)が結成され、1969年、椛島らは長崎大学で左翼のバリケードを解除、民族派のヒーローになる。その後、「全国学生自治会連絡協議会」(全国学協)、OB組織の「日本青年協議会」を結成。元号法制化運動を短期間で成功させ、以後、日本会議を取り仕切る。

「伊藤哲夫」=1947年生まれ。「日本政策研究センター」(1984年設立)代表で、安倍ブレーンの筆頭と言われる。30年前(1976年)には生長の家「中央教育宣伝部長」の要職にあった。1983年に生長の家が政治活動を停止したため、教団での立ち位置を失い、「センター」を立ち上げた。

百地章=1946年生まれ。「美しい日本の憲法をつくる国民の会」幹事長、「『二十一世紀の日本と憲法』有識者懇談会」事務局長。生長の家信徒と民族派学生を母体として1969年に結成された「全日本学生文化会議」結成大会実行委員長を務めた。

高橋史郎=1950年生まれ。日本青年協議会幹部、元「生長の家学生会全国総連合(生学連)」委員長。

衛藤晨一=1947年生まれ。日本青年協議会副代表、「九州学協」副委員長、首相補佐官。

中島省治=「谷口雅春先生を学ぶ会」機関誌編集人、元「宗教法人生長の家」の出版社「日本教文社」社長。

これらは良くも悪くもマスコミ等にも登場する人々で、その人となりについても知られており、特別な気持ちを掻き立てる人々ではない。むしろ、その社会的評価は知れたものだ。だから、著者はこれら「一群の人々」を動かす人物が存在するはずだと、彼らの原点ともいえる長崎大学紛争当時にさかのぼって調査を進める。そして、ある人物に行き当たる。

安東巌=1939年生まれ。高校2年のとき大病「肺動脈弁狭窄症を発し、7年間の病臥生活中に「生長の家」に出会い、神秘体験をし快癒する。1966年、長崎大学に入学、左翼のゲバルトに出会うという運動デビューをするが、伝説を創り出し、「神の子」としての道を歩む。

そう、この安東巌なる人物が、「一群の人々」を束ねるカリスマなのだ。ネットを検索してもほとんど情報が出てこない。それがその存在の在りようを物語ってもいるということなのだろう。著者が言うところによれば、彼らはいずれも「生長の家」をルーツにしたカルトであり、原理主義者だ。

安倍政権は自公連立政権だが、一方の自民党は「生長の家」原理主義者に牛耳られ、もう一方の公明党は創価学会という紛れもない宗教団体に支配されている。つまり、安倍政権はカルト&宗教政権ということになる。もちろん、安倍政権はそれを隠しもせず、彼らの書いた設計図通りに事を運ぼうとしている。その最大の課題が憲法改正(改悪)であり、来たる参院選がゴールと定めている。果たして、彼らの思惑通りにいくのか?それは私たちの出方次第でもあるだろう。(ささき)

注:現在の「宗教法人生長の家」は、政治運動から完全に手を引き、「エコロジー左翼」ともいうべき路線を採用している。しかし、「一群の人々」はこの路線に反発し、「谷口雅春先生を学ぶ会」が、「立教の原点に立って光明化運動を推進展開し、『本流の復活・天皇国日本の実相顕現』を目指します」と言っているように、カルト・原理主義路線を推進している。