捏造の科学者
 

著:須田桃子(毎日新聞科学環境部)


東京五輪エンブレム問題でデザイナーの佐野氏に対するバッシングを見て、なぜそこまでの仕打ちを受けなければいけないのだろうかと思った。嫌がらせの電話が続き、登録した覚えのないSNSから登録確認メールが届いたいう。何ら関係のないデザイン事務所にもいたずら電話が間違ってかかってきたというから、迷惑極まりない話だ。なぜ佐野氏がそこまでバッシングされるのだろうか。

むしろバッシングされるべきはこの国のトップで、「原発はコントロールできていてる」と言った安倍じゃないのか?そして、ふと、STAP細胞の小保方さんを思い出した。STAP細胞をめぐる連日の報道もすさまじかったことを記憶している。そして本書の存在を思い出した。

一体、STAP細胞とは何だったのか。悪意はなかったにしろ、論文には不備がたくさんあった。画像の切り貼り、文章のコピーペースト、ほとんど記述されていない実験ノート、実験で使われたマウスから本来なら検出されるはずがない細胞が検出されるなど、読めば読むほど眉間にシワが寄っていった。

小保方さん一人に問題があったとは一概には言えない。小保方さんのこれまでの経歴を鑑みると、周りの先生方もノートを見せなさいと言えなかったという。細かい作業を要する実験には信頼関係がとても大事だ。チームの人間が不正や捏造をしているなんか疑う人はまずいないだろう。そして素人である私たちも「研究者が捏造なんかするはずがない」「一流誌に載るのだからデータも完璧なはず」という先入観を持っていたのだ。

自ら命を絶った笹井さんはSTAP細胞を印籠にして、国からの予算をつけてもらうことを思い描いていたのだろう。

そういったいろんなものが重なり重なってしまったのがSTAP細胞事件だったのだ。

小保方さんの発言は弁護士を通してのコメントが少し載るぐらいで、体調を崩しているとはいえ、せめてもう少し真摯に応えるべきではないのだろうかと思った。理研がストップをかけていたかもしれないが、誠意を見せるならば不正と言われていることに対して謝罪ではなく、なぜそうなったのかを誠実に応えるべき義務があるはずだ。

STAP細胞があるとかないとか、そんなことよりもあの論文は何だったんだということ。

仮に今から不正がない状態で、提出された論文とは違う方法でSTAP細胞が発見されたとしたら、尚更にあの論文は何だったんだという話になる。論点は「STAP細胞があるか、ないか」ではない。551の蓬莱じゃあるまいし。

あの論文が何だったのか。問題はそこなのだ。論文がどういう経緯で書かれたのかを検証するためにこの本は書かれている。小保方さんの研究者としてのモラルが問われ、理研という研究所のあり方が問われるなか、私は筆者の記事に対する熱意の素晴らしさに感動した。筆者は新聞記者として、本当に多くの人に取材をしている。もちろん返事がない人もいるだろう。小保方さんにもアタックはしているが返事はなかったそうだ。(小保方さんの服装を「ピンクのコートを着て」と表現している部分は「ピンクっていちいち書かなあかんか?」とは思ったが)

それだけ多くの人に取材ができるということは、取材に応じる人たちの筆者に対する信頼感がすごいのだなと思った。揚げ足を取ろうとしたり、偏った内容の記事ではなく、取材した内容をきっちりと記事にしているからこそなのだろう。

そこまでの信頼感を得られたり、記事に対しての熱意はどういう風に自分の中から生まれるのか一度伺ってみたいものだ。(事務局もりやま)


戻る