「棟方志功の世界」 長部日出雄

何と言っていいのか、破天荒、独善家、自信家、型破り、天才・・・。
本書を読むと、とてつもない人物だとつくづく思うし、志功の前に志功なし、志功の後に志功なし、と言えるだろう。
ゴッホをめざして青森から東京に出てきた志功は、自信満々で「帝展」に応募するが、4年連続で落選の憂き目を見る。
しかし、自身を信じる心はぶれず、ついに野望をかなえる。
これだけでも驚愕すべき出来事だろう。

志功の足跡をたどると、以下に挙げるように多くの知己を得、人に恵まれたことがわかる。
水谷良一(民藝運動)
佐藤一英(詩人)
河井寛次郎(陶芸家)
濱田庄司(陶芸家)
柳宗悦(思想家・民藝運動)
保田與重郎(文芸評論家)
大原孫三郎・総一郎
高坂貴昭(光徳寺)
山口泉(いずみ工芸店)
斎藤清(版画家)
岡本かの子(歌人)
下澤木鉢郎(画家)
川上澄生(版画家)
相馬貞三(民藝運動)
海上雅臣(美術評論家)
吉井勇(歌人)
谷崎潤一郎(作家)
土門拳(写真家)
ジプシー・ローズ
草野心平(詩人)
淡谷悠蔵(文学者)
小野忠明(画家)
松木満史(画家)
鷹山宇一(画家)

これらの人々との出会いは、志功を刺激し、創作意欲を掻き立て、傑作を生み出した。
志功の並々ならぬ吸収力には脱帽させられる。
世間の評価を人一倍気にしつつも、わが道を遮二無二突き進み、新しい世界の扉を次々に開けていく志功的生き方に大いに魅せられた。

(ささき)