「緑と赤」 

著者:深沢 潮(ふかざわ うしお)


 

はじめは「緑と赤」はなぜ?と思い、表紙の帯を見てパスポートの色だとわかった。

帯にはもう1つ「どうして伝わらないのだろう。こんなに近くにいるのに。」と書かれていて、読みはじめは実話と思っていましたが、フィクションでした。

 

この本は、主人公が韓流好きな友達と海外旅行へ行くことが決まり、生まれて初めてパスポートを手にするところから始まります。

パスポートの表にはまったく読めないハングル文字。自分の写真の横にはキム・ジョン?

これはいったい誰のことだろうか。

忙しい母にパスポートの手続きをお願いしていたが、それと同時に特別永住者証明書が渡された。「外国人登録証がこっちに変わったから」と、再入国する際はこれを見せればいいらしい。そんな場面から始まる。

16歳の時に、外国人登録証を常時携帯することになるまで、自分の国籍は知らなくて、初めて聞いた時は、ものすごく驚き、混乱した。ずっと通称名できたので、自分が韓国人だと意識する機会は少なかったし、自分とその事実を切り離し、考えることを止めていたのです。

 

そんな主人公が、様々な人との出会いの中で、様々な立場や在日韓国人に対しての見方、偏見などに出会い、気持ちが揺れて行く様子が分かりやすく書かれています。

 

まずは、一緒に韓国へ旅行に行った友人()は、主人公の国籍を知ってから少し態度が変わり、2人の間に少しずつ距離が出てくる。

韓国旅行で出会った、在日韓国人だった男性(龍平)は、帰化をしていて、韓国に留学している。日本にいる友人は、帰化したことを知らずに、韓国は反日国家だからいやな思いをしないかと聞いてくる。でも、自分が在日韓国人だからということは言えないでいる。彼は以前、在日の女性とお付き合いをしたことがあった。しかし、彼が帰化をしたことで、「卑怯者」と去っていったことがあった。主人公が彼に少しずつ心を開いて行く人物で、唯一本名で呼び合う仲になっていく。

年配の女性(好美)は、正義感でヘイトスピーチ反対のカウンター活動を熱心に活動していて、

母親には活動を反対されているが、弟は応援してくれている。

韓国料理店でアルバイトをしている韓国人男性は、両親に反対されて日本に留学している。反対されているのは、おじいさんやおばあさんたちが関東大震災のときに、東京で殺されかけたことがあるからだ。

 

日本と韓国、それぞれの歴史的な経緯があって、それぞれで生活してる人たちがいて、それぞれの思いがある。その中には、それぞれの経験であったり、出会いの中で色々な思いを持って生きている姿があった。

この本を読んで、実話ではないが、2つの国を背景に、様々な立場や価値観を持った人たちがいて、その中で私たちは生活しているんだと、改めて在日問題について考える機会になった。

 

 


戻る