「明治維新という過ち」  原田 伊織

「はじめに」で著者は、明治維新こそが日本を近代に導き、明治維新がなければ日本は植民地化されたと、公教育が教え込んできたが、果たしてそうなのか?日本人は幕末動乱のドラマが好きだが、幕末の歴史には、それなりに既に回答が用意されている。回答を書いたのは、「朝敵」の烙印を押されたはずの長州人である。そして、「明治維新」そのものに対する評価に疑問を差し挟む余地など、これまで全くなかったが、「御一新」、つまり『大政奉還』『廃藩置県』の後は、長州・薩摩の世になったということを忘れてはならない。つまり、明治以降とは、長州・薩摩の世であり、このことは根っこのところで大正、昭和を経て平成の今も引き継がれているということなのだ。即ち、私たちが子供の頃から教えられ、学んできた幕末維新に関わる歴史とは、「長州・薩摩の書いた歴史」であるということだ。と自らの立場と見解を明快に言う。 

そして、そもそも長州・薩摩は、徳川政権を倒すために天皇を利用しようとしたに過ぎず、そのために「尊皇攘夷」という大義名分が必要となったが、これは、どこまでも「大義名分」に過ぎない。長州・薩摩が純粋に「尊皇」精神をもっていたかとなると、幕末動乱期の行動、手法が明白に示す通り、そういう精神は微塵ももち合わせていない。「復古」「復古」と喚いて、激しく「尊皇攘夷」を口先だけで主張し、幕府にその実行を迫ってテロを繰り広げた長州・薩摩人は、古来の仏教文化でさえ「外来」であるとして排斥し、政権を奪うや否や一転して極端な西欧崇拝に走った。今日からは「脱亜人欧」だと豹変した。と、容赦なく批判する。

 その矛先は、「維新」を成し遂げた功労者と言われている長州の吉田松陰、桂小五郎(木戸孝允)、高杉晋作、山縣有朋、伊藤博文、井上馨、薩摩の西郷隆盛、大久保利通、土佐の坂本龍馬、板垣退助、後藤象二郎、肥前の大隈重信、江藤新平たち、いわゆる「薩長土肥」の下級武士たちの言説に及び、それらはことごとく脚色された人物像で語られ、伝えられて、中でも吉田松陰ほど脚色の度合いの激しいケースも珍しく、「ウソ」であるといっていい。と断言する。 

さらに、「狂気のルーツ」は水戸藩の二代目光圀、俗にいう「水戸黄門」にあり、「黄門様」の行状を弾劾する。老中・阿部正弘が天保十三(1842)年、ペリー艦隊来航の十一年前に、遭難した外国船に対して飲料水や燃料の給与を認める『薪水給与令』を発令した時、水戸の徳川斉昭が、猛然と反対したが、斉昭を支えたのは藤田東湖であり、この男こそ長州テロリストのリーダー格・吉田松陰にも影響を与えた幕末テロリズムの元凶として百四十五年を経た今こそ徹底的に糾弾されるべき存在である。と指弾する。

 決戦の地・奥羽は常に南方勢力の犠牲となってきたとし、世界遺産に登録された平泉を攻め、藤原氏の華麗な文化を滅亡させたのは源頼朝であり、豊臣秀吉は、小田原攻めの後、『奥州仕置』と称して軍事力を以て奥州を己の勢力下に置き、もっとも新しい南方人による東北侵略が、戊辰東北戦争であると言う。その戊辰戦争の山場ともいうべき会津戦争直前に行われた、東京電力による被害地域の一つである二本松武士の壮絶な抵抗魂を振り返る筆はヒリヒリした感触が伝わってくる。会津・白虎隊と共に世界の戦史にもほかにはない「二本松少年隊」と呼ばれた少年たちの戦死の記録で、戊辰戦争全体の中で、全国で三百弱存在した大名家=藩のうち全藩挙げて総動員体制で新政府軍に抵抗し、文字通り全藩玉砕壊滅したのは二本於藩ただ一藩である。とその悲壮かつ壮絶な戦ぶりを記している。                  

そして言う、盟約とは約束であり、命と引き換えてでも約束を守ることは、武家の倫理観の基本中の基本である。盟約に加わったがために、二本松も仙台も相馬も、福島も、そして、会津、庄内も三春を同じ奥羽の仲間だと信じた。二本松兵、仙台兵などは、三春のために命を落とした。三春藩は、そういう奥羽の友藩をあからさまに裏切ったのである。明治以降、二本松と三春の婚姻は、彦根と水戸と同じょうに、また会津と長州と同じように、永らく成立しなかった。先の「平成の大合併」)の際も、地理的条件には妥当性があるといわれながら、二本松と三春の合併は実現しなかった。三春には、日本五大桜の一つ、樹齢千年以上とされる「三春の滝桜」がある。このたびの大震災にも耐えたこの巨大な枝垂桜は、それがもたらした二本松少年隊の悲劇を、つぶさに知っている。と。 

 「王政復古の大号令」を発したものの政権奪取に失敗した長州・薩摩というクーデター勢力は、何とか軍事衝突という事態を創り出すべく「赤報隊」というテロ集団を組織して幕府と尊王佐幕勢力を挑発し、徳川慶喜がまんまとこの挑発に乗って勃発した「鳥羽伏見の戦い」で幕を開けた「戊辰戦争」は、悲劇の「会津戦争」に至る。著者は言う。醜悪な長州人・世良修蔵がいなければ戊辰東北戦争は起きていなかったかもしれないと。下劣で礼儀をわきまえず、酒色に浸り、暴虐の限りを尽くす世良は、怒りを爆発させた仙台藩に斬首され、奥羽列藩同盟の成立へと至る。

 あとがきで、私たちは、勘違いをしていないか。「新時代」「近代」と、時代が下ることがより「正義」に近づくことだと錯覚していないか。「近代」と「西欧文明」を、自分たちの「幸せ観」に照らして正しく位置づけているか。そして、「近代」は「近世」=江戸時代より文明度の高い時代だと誤解していないか。今、私たちは、長州・薩摩政権の書いた歴史を物差しとして時間軸を引いている。そもそもこの物差しが狂っていることに、いい加減に気づくべきであろう。その為には、幕末動乱以降の出来事をすべてそのまま、飾り立てなく隠すこともなく、正直にテーブルの上に並べてみるべきであろう。本書の願いは、その一点に尽きることを改めてお伝えして、ひとまず筆を擱きたい。と結んでいる。 

最初は、半信半疑で読み始めたが、読み進むうちに、そういえば、そうだなと思うことも多々あることに気づく。そして、これは、一度疑ってみる必要はあるなあと。「明治維新」と言えば、既に固まったイメージ、観念、概念がそれとはなしにあり、それを疑問なく受け入れてきたし、その延長線上に現在を構築している。龍馬にせよ、小五郎にせよ、西郷にせよ、高杉にせよ、流布されている言説とともに思い浮かべることが当たり前になっているし、「維新の功労者」として受け入れてもいる。だから、そうしたことを「本当にそうか?」と問われれば、答えに窮するのが実際でもある。

 「明治維新は極右暴力革命」との著者の論は、明解で淀みがない。その立場から眺めると様相はガラッと変わる。その意味では、何事も批判と検証に晒し、事実をあぶりだすことが必要だと改めて思う。歴史は勝者によって書かれたものが「正史」となり、教えられ、「常識」となっていく。それと対になったものがいつの時代もあったはずだが、それらは表には出ずに闇に埋もれ、消されていく。勝者が書いた歴史を、虚飾や糊塗を取り除くとどんな歴史が浮かび上がるか、本書によってもう一つの「明治維新」がくっきりと見えてくる。