「教誨師」 著:堀川惠子

東京・麻布十番の交差点の南の二つ目の橋「二ノ橋」から古川を渡ると、情け容赦のない急勾配の日向坂(ひゅうがざか)が始まる。30段ほどの階段の先の「綱生山當光寺」(こうせいざんとうこうじ)の第30世住職:渡邊普相(ふそう)をこれまで幾人もの人たちが訪ね、得るものなく踵を返していった。著者もその一人になる「予感」を抱きつつ、季節だけが巡っていたが、互いの生家が近在であったことから、会話の歯車回り始めた。
ここまで読めば、果たして彼は語るのか?何を・どう語るのか?いやがうえにも後を知りたくなる。

「公益財団法人全国教誨師連盟」のホームページ
には、
「教誨とは、字義的には教え諭すことであり、宗教教誨とは、全国の刑務所、拘置所、少年院等の被収容者に対し、各教宗派の教義に基づき、徳性や社会性の涵養を図り、健全な人格の形成に寄与する作用です。これらの活動を矯正施設からの要請を受け、ボランティアとして行っている民間の宗教家が教誨師です。」

「国の施設である刑務所、拘置所、少年院等の職員は、憲法上の制約により被収容者の欲求に対応できないことから、民間の篤志宗教家である教誨師が、彼らの宗教的欲求に応えかつ、改善更生を促し社会復帰を図ることを目的に各教宗派の教義に基づき、改過遷善等の面接指導を行い、矯正教育の一翼を担う活動をしております。」とある。

2014
年4月現在、1865人(神道系221人、仏教系1225人、キリスト系258人、諸派161人)が活動し、高等裁判所所在地ごとに「矯正管区連盟」が置かれ、各派の評議員(総勢27名)が名を連ねている。総裁は大谷光真西本願寺前門主で、監事・理事も各派から選出されているが、検事総長を務めた但木敬一氏が元矯正協会会長の肩書きで顧問になっているのが目に付く。


教誨師は、受刑者や死刑囚と直に対面できる唯一の民間人で、とりわけ死刑囚に対する教誨師は、死刑執行の場にも立ち会うが、報酬はまったくないボランティアだ。本書は、その教誨師を半世紀もつづけた浄土真宗の僧侶・渡邉普相が「自分の死後に発表すること」を条件に語ったものをまとめたものだ。これまで世に出ることがなかった教誨師の活動の実態や、死刑囚とのやりとりが生々しく描かれている。

実際に立ち会った死刑執行の場面も、死刑囚を移送するところから始まり、最終的に死亡を確認するまで再現されているが、刑務官のプレッシャーも想像を超えるものがあるし、検察官も立ち会うことも明らかにされ、その描写は生々しい。

「犯罪というのは、被害者の家庭も崩す、自分の家庭も崩す。いいことなんか何もない、ええ。本人が執行されても、幸せになった人間は、誰ひとりもいません。誰も幸せになってない。だから、そういう犯罪を防ぐ、減らす運動を、本当は考えないといけない……

他の人間が言っても受け流されてしまいそうだが、50年以上、教誨師として死刑囚に接してきた渡邉の言葉だと思うと、格段に重みが違う。

渡邉は広島で被爆し、生き地獄を目の当たりにし、生き延びたが、「心の片隅にあったのは大勢の人を見殺しにして逃げたことへの悔悟、そして原爆症がいつ再発するかという恐怖だけ」だったと言う。その思いが遠因となり、上京後、教誨師をしていた篠田隆雄と出会い、自らの天命のように同じ道を歩んだ。教誨師としての日々を送る中、渡邉はアルコール依存症になり、病院から拘置所へ通う。

渡邉は死刑執行のありようについて、著者に語る。
「一般の人は死刑っていうものは、まるで自動的に機械が行うくらいにしか思ってないでしょう。なにかあるとすぐに死刑、死刑と言うけれどね、それを実際にやらされている者のことを、ちっとは考えてほしいよ」
「刑務官も可哀想でしたよ、本当に。前は目の前でレバーですから。自分が落としているのが確実に、自分が人を殺しているのが分かるわけですよ」と。

この本は死刑の是非について論じたものではない。渡辺が語ったところから何を感じ、どう考えるかは読み手に委ねられている。あえて言えば、渡邉は死刑を「人殺し」と断言する。「死刑」をどう考えるのか、賛否いずれの立場に立つにせよ、本書が提示した重たい現実と事実をまずは知ることが不可欠だろう。
(ささき)



戻る