巨鯨の海 著:伊東 潤

 

機関誌52号に掲載する予定でしたが、ページ数が40ページとなってしまったのでカットしました。

紀伊半島の漁村、太地(たいじ)。今でいう和歌山県の太地町です。江戸時代、太地では漁村全体で捕鯨に携わっていました。

1隻の舟だけで鯨を捕るのではなく、天候を判断する役目、鯨が泳いでいるのを発見し合図の旗を振る役目、網を仕掛ける何艘もの船、鯨に銛を打ち込む勢子船など、何十人、何百人という人間が捕鯨に関わっています。捕った鯨を沖にあげると、皮をはぐ者、歯や骨で細工品を作るもの。漁に出ていなくとも捕鯨に携わる人物が大勢いました。

本著はそんな捕鯨を通して繰り広げられる人間模様を6編の小説に仕上げています。

ルビはついているものの、漢字が難しく難儀しましたが、大きな大きな鯨と格闘する様子の描写がなんともリアルで思わず引き込まれてしまいます。最後の章は実際にあった遭難事件を基に書かれています。

動物保護団体によって、伝統文化が批判され否定されていますが、長年太地の町で繰り広げられた組織捕鯨を一概に否定はできません。クジラ漁やイルカ漁を否定すると、キャビアをフォアグラもどないやねんと言いたくなってきます。日本には日本の文化が、諸外国には諸外国の文化があります。それを欧米諸国の価値観で否定されるのは心外だと私は感じます。

漁に携わる彼らは決して鯨をぞんざいに扱っておらず、むしろ「夷様」と呼んでました。

鯨をめぐる様々な物語。持ち運びやすい文庫本ですので一度読んでみてください。







戻る