国家の暴走」 古賀茂明

 「時の人」となった古賀茂明さんが20149月に出したものだ。安倍政権が何をゴールに見定めて、どのような手法で、その政策を実現しようとしているのか、詳細に論じている。いわく、「戦争をするための13本の矢」で「戦争国家」をつくろうとしていると。

 これを読めば、官邸からの圧力があって、「ニュースステーション」のコメンテーターを降ろされたという古賀さんの「言い分」がわかる。「なるほど」「やっぱり」という感想を持ってしまう。

安倍政権としては、「I am not Abe」と書いたフリップをテレビ画面に掲げる人物は好ましいはずはない。目の上のタンコブだろうし、一刻も早く「処置」するにこしたことはないからだ。 

安倍政治の行き着く先に待ち受けているものは何なのか?本当に真剣に考える必要があるが、マスコミはきちんと伝えず、異議や異論は無視される。いつの時代も肝心なことは隠され、ウソやデマにつつまれた情報が事実のごとくまき散らかされる。そして、気が付くと、事態はトンデモナイところに立ち至り、「ああ、騙された」となる。 

古賀さんは「改革はするが戦争はしない国」をつくるための政治勢力の登場が必要で、それは、既存の政党には期待できず、新たな立ち上げをと言う。暴走する安倍政権の危険性に気づき、見限るようなことが起これば、そうした機運も生まれるかもしれない。しかし、人々はまだ安倍政権の仕儀に快哉を叫んでいる。ソフトにかつハードにコントロールされているのだと思う。 

本書が広く読まれれば、目が覚める人も増えるはずだ。(ささき)