子どもに愛を伝える方法

著:田上時子+エリザベス・クレアリー

 

初版発行は2002年なので、決して新しい本ではない。しかし、中身はとても新鮮味のあるものだった。

「愛の伝え方」、Love Languageといって、ゲーリー・チャップマンという人が、破綻しかけた夫婦のカウンセリングを行う際に用いた手法だそうだ。この本は「子ども」となっているが、対象はパートナーでも友人でも家族でも通用する。

愛の伝え方は5つ。
「言葉」「時間」「贈り物」「サービス」「スキンシップ」

子どもが親に求める愛情表現と、親が子どもに与える愛情表現。それが一致する場合とそうでない場合がある。子どもは親に抱きしめてもらえること(スキンシップ)で愛されていると感じるのに、親は贈り物をもらえることが愛情だと思っていたとすれば、そこにズレが生じる。

わが子はまだ4歳なので、ほぼすべてを求めている気がする。赤ちゃんが生まれて色々と我慢しているのもあるとは思うが、「ママ抱っこして」「ママ、手繋いで寝よう」「ママとお風呂入る」「服着せて」と求めてくる。しいていうならスキンシップと言葉かもしれない。

田上さんの本はスラスラと読める。そして何が問題か、その問題に対して何をどうすれば解決するのかということを考えさせてくれる。問題の本質が明確になってくる。
ボタンの掛け違いに気づいたら、気づいたときにボタンをかけ直せばいい。
子育ても早ければ早いほどいい。間違えたと思ったら正せばいい。

読み終えてから、早速娘に「なんでママがあなたのことを好きってわかるの?」って聞いてみた。

すると娘は、「だってママいっつも私のこと好きって言ってるやん」と答えた。

少し難しかったようだ。今度は夫に聞いてみよう。


戻る