「北の富士流村松 友視

北の富士と言えば、相撲を見ない人には無縁かもしれないが、大相撲の解説者としてお馴染みだろう。初日と中日、千秋楽に登場する。解説ぶりは自由奔放、勝手気まま、言いたい放題のように聞こえるが、視聴者の思いを掬い取る技は一流だし、力士に対する手厳しい批評には愛と情があふれていることが伝わってくる。向こう正面の舞の海との「コンビ」になるのだが、舞の海のいかにも相撲を知っているよと言わんばかりの小賢しさとは対照的でもある。個人的な印象だが、おそらく北富士は舞の海のそうした物言いが嫌いなのではなかろうか。時に舞の海にそうした台詞も遠慮なく浴びせる北の富士。そんなことができるのは北の富士しかいないし、それを言っても角が立たないのだ。

伊達で粋で男気があり、無頼感を漂わせ、自然体を装いながらもどこか計算したようなつくりを感じさせる北の富士。力士としてはもちろんのこと、親方となってからも名伯楽として二人の横綱を始めとする力士を育て、理事長をも嘱望されながら、すっぱりと退く、けれんみのない生き様は鮮烈だ。「夜の帝王」「プレイボーイ」とも言われ、数々のマスコミ・ネタも提供し、1967年には『ネオン無情』でレコード歌手としてもデビューし、ヒットさせている。やること、なすこと、派手で世間の耳目を集める。一体、こんな人物がどうして生まれたのか。本書はその謎解きであるともに、北の富士の魅力が満載された好著でもある。その一端を拾ってみる。


北の富士勝昭(竹沢勝昭)は、1942318日、7人きょうだいの次男として北海道美幌町に生まれた。父は兵隊相手の料理屋を営んでいたが、敗戦で行き詰り、小学校2年生の頃、一家は220キロ離れた留萌へ引っ越す。ニシン漁のさかんな町で出稼ぎ労働者で賑わっていた。労働会館内の食堂の委託をまかされたが、ニシン景気の衰退とともに経営は下降線をたどる。逆転をかけて父は近くの割烹料亭の経営に踏み切るが、借金だけが積み重なり、1956年の年の暮れ、夜逃げ同然に旭川に引っ越す。
時代の波に翻弄された人はたくさんいたが、勝昭の一家もまさしくその典型と言える。そして、彷徨うさまは、かの啄木の流浪にも似た生きざまが重なって見えた。

小学生のときは、特にスポーツは得意ではなかったが、騎馬戦や棒倒しといった格闘競技になると背が高かったこともあって大活躍した。野球部ではピッチャーをしていたが、スピードボールは投げてもコントロールがなく、一塁手として使われた。

旭川では、農機具屋の2階を間借りし、便所は1階へ降り、風呂は1週間に1度、7人が6畳に住み、まさに足の踏み場もない暮らしだった。そんななかで、勝昭の頭に、留萌で行われた大相撲の興業を家族で見に行ったときに、当時の横綱・千代の山に「坊や、大きいな」と頭を撫でられた記憶が・・・。

そして、窮状をみかねた大家が、勝昭を相撲取りにするように勧め、勝昭は進路希望に「相撲」と書いた。前代未聞の進路希望だったが、校長は千代の山後援会の一員で出羽の海部屋の世話人をしている左官屋の村上さんを紹介してくれた。千代の山に連絡をつないだが、「目方が足りないから71キロになったら来い」との返事がきた。身長は180センチ近くあったが、もやしのように細かった。村上さんは勝昭を預かり、勝昭はひたすら体重を増やすことにいそしみ、71キロに達した。角界入りについて父は賛成したが、母は最後まで反対し「もし耐えられなくなったら帰っておいで」と涙で顔を曇らせた。

1957
1月、勝昭は旭川駅から旅立った。長旅のダメージと食欲不振で、体重は78キロも減ってしまった。勝昭を見た千代の山は落胆の色を目にあらわした・・・と北の富士は記憶にとどめている。千代の富士に連れられ、出羽の海親方と顔合わせをし、195717日、正式に出羽の海部屋入門が決まった。しかし、初場所前の新弟子検査で体重が既定の71キロに7キロも足りず、不合格になった。親方のポケットマネーで土俵にあがることのできる自費養成制度に救われて前相撲を取ることができた。3月場所前の検査では10キロも増えて、公認力士となり、四股名も「竹沢」から「竹見山」に変えた。

三段目でもたついていた1960年夏、名古屋場所後の北海道巡業中、釧路で親戚に呼ばれて、朝帰りの仕儀となった。うるさい兄弟子に見つかり、土俵に引っ張り出されて半殺しのめにあわされた。急性盲腸炎から腹膜炎を併発し、危うく命を落とすところだった。50日間病院のベッドで過ごし、秋場所を全休、この間にむらむらと負けじ魂が・・・「リンチをした連中に土俵の上で見返してやる」と・・・。このとき、入門のときに世話になった村上さんが「四股名を変えてみないか」と3つの四股名を。「私のなかでぴかっと光ったのが『北の冨士』だった」

以後、
1963
3月場所に十両に昇進。11月場所で十両史上3人目の15戦全勝優勝。
1964
1月場所で新入幕。132敗という新入幕力士最多勝の新記録を樹立し、敢闘賞を受賞。同年3月場所に小結、同年7月場所に関脇に昇進。
1966
7月場所後に大関に昇進。まさか自分が大関に昇進するとは思っていなかったため何も用意しておらず、紋付は当時兄弟子であった佐田の山から、足袋は足の大きさが同じだった柏戸から借りて、出羽海部屋での昇進伝達式に間に合わせた。
九重が出羽海部屋からの分家独立を申し出て破門された際には、九重に付いていくか出羽海に留まるか大いに悩んだ末、九重に付いて行き、所属も九重部屋に変えた。独立後最初の場所となる19673月場所では、佐田の山を倒して141敗で悲願の幕内初優勝を決め、一緒に移籍した松前山も十両優勝を達成。
綱獲りが期待された19675月場所は、過度の緊張と稽古不足から510敗、次の7月場所も78敗。初の大関角番となった9月場所は、四股名の「冨」に点を付けて「富」と改めて臨み、105敗で角番を脱した。
1969
9月場所は大関・玉乃島と最後まで優勝を争い123敗、11月場所は132敗で2回目の幕内優勝。
1970
1月場所を132敗で連覇し、優勝同点だった玉乃島(玉の海)と共に横綱へ昇進。両者が交互に優勝を重ねて「北玉時代」とも言われた。19719月場所後に玉の海は虫垂炎が悪化し緊急入院する。手術後の経過は順調だったが、退院前日の同年1011日、併発した右肺動脈幹血栓症による急性冠症候群で急逝した。巡業先で訃報を聞いた北の富士は、人目をはばからず号泣した。
1974
7月場所で初日に旭國、2日目に大受と連敗して体力の限界を感じ、引退。年寄・井筒を襲名。断髪式の後に白のタキシード姿で登場し、自らの持ち歌を披露。
1977
年に千代の山が没すると、井筒部屋と合同させる形で九重部屋を継承。先代から引き継いだ千代の富士を第58代横綱に育て上げ、1987年には北勝海を第61代横綱に育成、さらに孝乃富士・巴富士を小結まで昇進させた。
1992
年には引退した千代の富士に九重部屋を譲り、年寄・18代陣幕に名跡交換。
1998
年に相撲協会理事選の候補から外されたことで協会を退職。将来は理事長に就くことを期待されていたが、「もともといつまでもやる気はないよ。地位にすがるのはみっともないだろ」と後年話している。
その後は、NHK専属の相撲解説を務め、今日に至っている。

次は、9月「秋場所」(両国国技館)で、大関・稀勢の里にまたまた注目が集まる。一時、彼が低迷していて、不甲斐ない相撲をとったときなど、北の富士は「何やってんでしょうね、稀勢は・・・」と辛らつなコメントを浴びせていた。これも期待の表れなんでしょう。果たして「期待」は成就するのか? (ささき)