「綺良のさくら」  今井 絵美子

今井絵美子さんの本は2冊目だが、結論から言うと、ちょっと期待が外れた気がする。盛岡藩二代目藩主・南部重直の暴政とも言える独断専横を諌めた桜木兵庫は、職を解かれて扶持米を減らされ、失意に沈む。物語の主人公はその娘の綺良で、逆境をものともせずに健気に生きようとする。その胸の奥底には、幼馴染の彦六郎との「約束事」が秘められ、生きる「希望」ともなっている。

しかし、時は移り、彦六郎は三代目藩主・重信となり、綺良の夢は遠のく。そして、父は失意のうちに、郷に帰った母は実家で、二人の兄も相次いで亡くなり、一人残される。綺良は、盛岡藩お預人の栗山大善、方長老に仕え、その縁で鋳物師・鈴木縫殿の弟子となり、鋳物師として生きることを決意する。同じく弟子の倫三と結ばれ、一子をもうけるが半年で亡くす。そして、物語は綺良の打った茶の湯釜をめぐるクライマックスに向かう・・・。

 波瀾万丈と言えばそう言えなくもないが、それには少しばかり足りない気がする。話の筋が整い過ぎているのか、何だかグサッとくるものがない。綺良その人の生きようもあっさりで、引っ掛かりがなさ過ぎるように感じる。意外性にも欠け、もうひと工夫・ふた工夫もあっていい。清々しいと言えば言い過ぎだが、物足りなさ感だけが残ってしまった。(ささき)