「希望の海」 仙河海叙景 熊谷達也


熊谷達也は
1948年宮城県生まれで仙台市在住。本書は、気仙沼市をモデルにした仙河海(せんがうみ)市を舞台にした短編集。「リアスのランナー」、「冷蔵家族」、「壊れる羅針盤」、「パブリックな憂鬱」、「永久なる湊」、「リベンジ」、「卒業前夜」、「ラッツォクの灯」、「希望のランナー」の9編を収録。1〜7話が震災・津波前、8〜9話が震災・津波後。それぞれが独立しているが、微妙に絡み合い、つながっている。登場する物語の主人公たちは、いずれも仙河海市に暮らし、この町に愛着を持っている。どこにでもある田舎町の一つのありようでもあるが、震災と津波が「あの日」を境に、風景を、人生を一気に変えた。リアスのランナー:希(のぞみ)が希望のランナーとなって再び走り出す、まさに絵になるシーンでとてもいい。とにかく淡々と、極めて淡々と書かれ、すっと読むことができる。だから、逆に何やらグッときて、残るものがある。情景や心の動きがじかに伝わってくるようだ。「阿弖流為」や「マタギ」をテーマにしたものとは全く違い、同じ作家が書いたものとは思えないほど新鮮な印象を受けた。(ささき)


※こちらもご覧ください。
『希望の海 仙河海叙景』が発売されたのは、2016年3月4日。“あの日”からの5年間を熊谷さんがどう過ごしたのか、どんな気持ちで『希望の海』を書いたのか。まずは刊行にあたって熊谷さんが綴った心の内を、読んでみてください。