「カワサキ・キッド」

著:東山紀之 朝日新聞出版

 著者の東山紀之さんは、芸能プロダクションでも有名なジャニーズ事務所所属で、3人グループの少年隊として活躍されました。その後、役者としても数々の映画やドラマでも活躍されています。
その東山さんが、少年時代を過ごした川崎の地を30年ぶりに訪れ、生い立ちから芸能界、様々な人との出会いの中で感じてきたことなどを振り返る様子がまとめられています。

彼は、3歳の時に両親が離婚し、その後、コリアタウンに住む在日韓国・朝鮮の親子に出会い、支えられた少年時代を過ごします。プロ野球の王さんや、ブルースリーやマイケルジャクソンにあこがれて、影響を受けますが、スポーツ・演技・パフォーマンスの凄さだけでなく、国籍の問題や人種差別に向き合う姿へのあこがれが大きかったのではないかと思います。

その中でも、マイケルの早すぎる死について「人はどのくらい生きたかではなく、どう生きたかだ」と言う言葉にも共感しました。

その後も、芸能界では森光子さんをはじめ、有名な俳優さん達とも出会い、役者として、一人の人間として仕事に向き合う事の大切さと出会っていきます。
大河ドラマでは沖縄の人達と出会い、あるドキュメンタリー番組では、スポーツ選手で戦力外通知を受けた選手の新たな人生の再生と向き合う姿と出会います。

 愛読書の「はだしのゲン」からは、原爆の過酷な体験でもたくましく生きる姿に感銘を受け、様々な過酷な状況を抱えながらも、その状況に向き合い、前向きに進んでいく人たち、そこには、自分のルーツでもある、父方の祖父がロシアにルーツを持つ人ということや、ほとんど顔も分からない父の存在と、過酷な状況を抱えながらも2人の子どもを育ててくれた母親の姿が常にあったのではないかと思う。

 人は生きていく中で、様々な過酷な状況にぶつかると思いますが、その時に、逃げるのではなく、向き合って前へ進んでいくことの大切さを感じることが出来ました。

戻る