「狩りの時代」   津島 佑子


 まずは著者について。

  19473月、小説家太宰治と津島美知子の次女として、東京・三鷹で生まれた。1歳のとき父を失い、12歳のとき3歳上の実兄が病没し、母・姉と"女系家族"に育つ。白百合女子大英文科在学中から「文芸首都」「三田文学」に参加し、69年に小説「レクイエム」で文壇デビュー。72年、「狐を孕(はら)む」が芥川賞候補となる。78年『寵児』(河出書房新社)で女流文学賞を、79年『光の領分』(講談社)で野間文芸新人賞を受賞。85年に長男を病気で失い、87年『夜の光に追われて』(講談社)で読売文学賞を受賞。98年には『火の山-山猿記』(講談社)で谷崎潤一郎賞と野間文芸賞を受賞し、NHK連続テレビ小説「純情きらり」(2006)の原案となる。01年には『笑いオオカミ』(新潮社)で大佛次郎賞を、11年に『黄金の夢の歌』(講談社)で毎日芸術賞を受賞する。16218日、肺がんにより死去。享年68

 本書は亡くなってから4冊目(最後)の新刊だ。容体が悪化して入院する直前まで書き続けていた遺作だ。12歳のときに肺炎で亡くなった、3歳上のダウン症の兄をモチーフとしている。物語は叔父と叔母、その従弟たちの記憶の底に沈みこんだ二つの出来事を行きつ戻りつしながら進む。

  一つは、主人公の絵美子の伯父や叔母3人が体験した、ヒトラー・ユーゲントが山梨に立ち寄った際の歓迎のセレモニーだ。プレゼントの百合の花を摘んで駅へ行く。アーリア人種の中から選ばれた金髪と青い瞳の美しい少年たちに魅入られてしまう3人。彼らはその時の事件を胸に秘める。

  もう一つは、絵美子の知的障害をもつ3歳上の兄・耕一郎は15歳で病死する。絵美子は幼い頃いとこである同年代の晃か秋雄から、「フテキカクシャ」という言葉をささやかれたという、曖昧な記憶に苦しむ。「フテキカクシャ、ジヒシ、アンラクシ」。やがてそれがナチス・ドイツ由来の言葉だと知る。「不適格者」には「慈悲死」、あるいは「安楽死」を、「不適格者」までを養う余裕を自分たちの社会は持ち合わせていないので、消えてもらうしかないと、ヒトラーは主張した。

 タイトルからイメージするものは多様だろうが、巻末の「『狩りの時代』の発見の経緯」解説で津島香以はこう書いている。

  二〇一一年の夏に大阪に移ってから、私は差別について考えることが多くなった。福島での原発事故で、地方に迷惑施設を押しつける差別構造をいやというほど見せつけられ、自分の立ち位置を問い直さずにはいられなかった。人種差別を扇動する街宣が私が暮らす街の駅前で二週間にわたって行われ、危機感を募らせてもいた。母も同じ思いだったのだろう。顔を合わせるたびに、差別のことが話題にあがった。世間にはこれだけ差別があふれているのに、差別する側の人間にはその自覚がない。自分は差別をしない人間であると多くの人が思っている。私にも覚えがある。弟を亡くしたあと聞かされた「母子家庭の子どもは死亡率が高い」という噂。子どもが生まれたばかりの男友達が言った「母親が働いている子どもは非行に走りやすいから、妻が仕事を辞めることにした」という言葉。どれも私から見れば差別だけれど、言った側はそれが差別だとは思っていない。もちろん私も気がつかないうちに、誰かを傷つけたことがあるに違いない。あらゆる紛争に差別が関係していることを考えれば、なんとかして差別を克服しなくてはならないと思うのだが、自覚すらされていない感情をどうしたら乗り越えられるのか、答えを見つけられずにいた。 

 まさしく現在を生きる私たちが向き合うべき問題が本書のテーマと言っていい。「狩りの時代」とは、狩る者たちが大手を振って闊歩する今ではないのか、奢る者たちが命を軽んじ悪夢を呼び寄せんとしている今ではないのか、私利私欲と自己保身のために他者を踏みにじることを厭わない今ではいのかと問いかけている。(ささき)