「籠の鸚鵡」 辻原 登

「著者の新たな到達点を示す、迫真のクライム・ノヴェル」とのフレーズが帯にあるが、読み終えた印象からは程遠い感じがする。実際にあった公金横領事件と暴力団の抗争の二つが下敷きになって物語が展開するが、いわば「色と欲と暴力」に操られた登場人物(町の出納室長、スナックのママ、不動産屋、ヤクザ)たちが、のっぴきならない関係性を背負い、殺人を犯すに至る、シンプルなつくりだと言えようか。

期待したのは、もっと社会的な背景が絡んだ物語であり、「あっ!」と思わせるような意外性の世界だ。その意味では、あまりにも現実社会的過ぎて物語の深みが感じられない。ヤクザの抗争の中でのヒットマンとなって、相手を殺すプロセスも「落ち」が拍子抜けするほどあっけないし、そのヒットマンが恐喝していた出納室長に刺殺される場面も物足りないし、最後にママが我に返るというか、犯意を翻すのもどこか腑に落ちない。ただ、山口組と一和会の抗争の時代ということで、こればかりは脳裏をよぎるものがあった。
(ささき)