「女子と貧困」

著:雨宮処凛 かもがわ出版

文章はとてもよみやすかった。しかし内容はものすごく重かった。
「女子と貧困」をテーマに、さまざまな立場の女性8人から聞き取った生きづらさが綴られている。

イラストは女性誌でよくみる小迎裕美子さん。
このコミカルさが登場する女性たちの人生の重さをより一層助長している気がした。
パラパラとめくるつもりが一気に読み終えてしまった。

まず最初は原発事故で福島県いわき市から、埼玉県に自主避難をした女性の話。
「自主避難」だけでもしんどいのに、幼少のころのネグレクト(育児放棄)の詳細には胸が痛んだ。
そして原発事故による避難、離婚、心の病、貧困。

自主避難のしんどさもだが、ネグレクトの内容に目を疑った。

全体通して感じたのは、「なんでこの国は女に優しくないのか?」だ。

特に離婚した女性にはとにかく厳しい。

DVや虐待、モラハラなどの被害から逃れて、自分らしく生きたいと願ったがための離婚なのに
離婚した途端、一気に訪れる生活苦、貧困。

離婚の理由はさまざまだが、離婚することによって、しんどくなるのは女性が多い。

少子化だ、女性が活躍する社会だというわりには、「妊娠イコール退社」だったり
子どもがいることで、会社から嫌がらせを受けて、あえて遠い支店に異動をさせられたり。

理不尽としかいえない仕打ちをする企業は一体何なんだろうか。
会社のCSRはどうなっているのだろう。

「知っている」ということは自分の人生を大きく左右する。

「生活保護」や「労働組合」、「奨学金」、離婚の際の「調停証書」

やはり知らないよりも、知っていたほうが得というか、
自分自身の選択肢が増える可能性は高い。

そして雨宮処凛がロリータやゴスロリの服装をしている理由をようやく知ることができた。
てっきりただの趣味かと思っていたら、そうではなかった。

もどる