「いつもおまえが傍にいた」 今井 絵美子

1945年,広島県福山市生まれ。画廊経営、テレビプロデューサーを経て、執筆活動を開始する。1998年、「もぐら」が第16回大阪女性文芸賞で佳作に選ばれる。2000年、「母の背中」が第34回北日本文学賞で選奨に選ばれる。2002年、『蘇鉄のひと 玉蘊』が第2回中・近世文学大賞の最終候補作となり、同作を刊行、小説家デビューを果たす。2003年、「小日向源伍の終わらない夏」が第10回九州さが大衆文学賞大賞・笹沢左保賞を受賞する。2015年、「立場茶屋おりき」シリーズが第4回歴史時代作家クラブ賞(シリーズ賞)を受賞する]。同年、『群青のとき』が第21回中山義秀文学賞で候補作に選ばれる。 

立場茶屋おりきシリーズ,照降町自身番書役日誌シリーズ,便り屋お葉日月抄シリーズ,すこくろ幽斎診療記シリーズ,髪ゆい猫字屋繁盛記シリーズ,夢草紙人情おかんヶ茶屋シリーズ,出入師夢之丞覚書シリーズ,夢草紙人情ひぐらし店シリーズがあるが、私は一つも読んでいない。本書は新聞の書評欄で見つけ、がん患者でありながら、精力的に書き継いでいるというその生き方に触発されて読むことになったものだ。 

今井さんの半生が赤裸々に綴られているが、波瀾万丈とも言えるその生きざまの節々には、不思議に助っ人みたいな人が現れ、問題をすっとクリアーしていくところは強運というか、「えい、ままよ!」とも言える開き直りと覚悟が見て取れる。学生時代に行き詰って「自殺」を試みるが、そのときは事前の電話にただならぬものを感じ取った母親が、急遽かけつけて一命を取り留めてもいる。大学も単位不足で卒業が危ぶまれたが、持ち前の頑張りを発揮して超えていく。画廊経営も人に恵まれて波に乗っていく。プロデューサーも素人だが、人のつながりが功を奏していく。

また、目指した役者の道は直前で、恋愛に落ちて見切りをつけ、結婚に人生を託すという思い切りのよさもある。しかし、順風満帆に見えた家族生活は、DVから別居、夫の自殺という辛酸をなめる事態になる。そして、それらの体験のすべては、彼女が物を書くという衝動のバネとなっていったことがわかる。励まし合い、支え合い、刺激し合い、詰り合い、憎み合い・・・それらすべては人と人との出会いの中で起こることで、それがあって初めて人は人を理解し、己の何たるかを知る。プラスもマイナスも含めて、いいように解釈し、人生の肥やしにすることができればサイコーだろう。

末期がんを宣告されて、抗がん剤治療を拒否し、病とともに生きる道を選び取った今井さんの傍には常に猫のキャシーがいる。(ささき)