『保育園義務教育化』

著:古市憲寿 発行:小学館


 本来なら吉田早悠里氏の「誰が差別をつくるのか」を読まなければいけないのですが、なぜかこちらに目がいってしまいました。

情報番組のコメンテーターや、先日吉田さんが出演なさると聞いて録画しておいたNHK「ニッポンのジレンマ ダイバーシティの大研究@名古屋」にも古市さんが進行役をしていました。

表紙の写真を見て、「2児のパパか」と思ったら、赤ちゃんは赤ちゃんモデルで、彼自身は結婚もしていないし子どももいませんでした。

それを聞いて、「結婚してない奴が」「子どももおらん奴が」と思ってしまった方がいたら、とても残念です。その考え方がマイノリティの問題を当事者だけの問題にしてしまう危険性があるのです。独身男性が子育てを取り巻く現状を考えてくれるようになった画期的なことと捉えるか、独身男性ですら子育てを取り巻く環境をなんとかしなければと声をあげるぐらい、今の日本は危機的状況にあると考えるのかは自由です。

 

20代もそこそこの年になると「恋人は?」から始まる。そして「結婚はまだ?」に変わる。

結婚をすると「子どもは?」になり、赤ちゃんが生まれると「一人っ子は可哀想やわ」とか「二人目はまだ?」と言われる。世の中、ほっといてくれのオンパレードだ。

冒頭の「お母さんが人間だって気づいてますか?」の一言には深くうなずき、「一人っ子政策を推進しているように思える」には笑ってしまった。

確かに、仕事を探すには預ける所が決まってないと探せない。かといって預けるには仕事をしていないと預けられない。どないせえっちゅうねんという話。結局、保育園にスムーズに預けられることができるのも、もともと正社員として、好条件が整った職場で雇用されている人になる。この時点で既に「勝ち組」な気がする。

 

各章の最後に、その章で押さえておきたいポイントが書かれているのが読みやすかったのですが、「夏休みの宿題ができなかった子は大人になっても太る」とか「計画性がない」と言ってるのは否定したいと思う。だって、人は変われるから。気づいて変わることができるから。

 

子ども手当を増やすとかそんな場当たり的な取り組みなんか意味ないし、3年抱っこし放題なんか、むしろ迷惑だし余計に母親は孤立する。この国が本当に少子化を考えるのならば、再配分ではなく事前配分にするべきだし、本当に子どもを増やしたいと思うのなら、「労働」のシステムや社会のシステムから変えるべきではないだろうか。古市さんがいうように、男性一人が16時間働くのではなく、夫婦で8時間ずつ働くという案もありだろう。

そして保育園を無償化にして、義務化にすれば虐待も減り、他者との関わりのなかで生まれる「非認知能力」も幼いうちから養われる。「義務化」にすることで、子どもを預けることへの罪悪感を減らすことができる。そして母親たちは労働し、消費し、税金を払う。

日本は生活保護や、税控除などの「再配分」が多いが、それを「事前配分」することが育児支援に繋がると古市さんは言っていて、そのなかでもフランスとの施策の比較がとてもわかりやすかった。基本的に全ての文章が読みやすい。チャラいという意味での軽いではなく、アップテンポな軽快さがある。カギカッコが多いのがイマドキなのかなとも感じたが。

 

結婚が永久就職というのは不可能に近い。ならばどこに結婚の魅力や価値を見出すか。

相手に依存(収入や家事労働)するための結婚ではなく、自立しながらも互いに癒し癒される関係だったり、心地よい環境なのが結婚なんだという価値観にこれからは変わっていくべきなのかもしれない。

結婚しなくても出産ができて、貧困に陥ることなく子育てができたり、結婚してなくても里親になれたり。どの選択をしても、それぞれが豊かに幸せに生きられる。そんな世の中になってほしいという古市さんの想いが強く伝わってくる本でした。

あっという間に読めるので一度読んでみてください。



戻る