「法服の王国」(下)黒木亮

 原発訴訟をメインにしながら、その時々の事件・裁判を織り込みながら、物語は進む。以下、主なものを拾ってみる。

1976831日、四国電力伊方原子力発電所に核燃料搬入。鬼頭史郎判事補による「謀略電話事件」「宮本身分帳事件」起こる。

19779月、伊方原発1号機が営業運転開始。

1978425日、松山地裁で伊方原発訴訟第一審判決。原告が「辛酸入佳境」と書かれた垂れ幕を掲げる。

1979328日、スリーマイル島原発で歴史上初の炉心溶融をともなう事故(レベル5)。4月、村木は旭川地裁に異動。

1980622日、大平首相が急性心不全で死去。衆参ダブル選挙で自民党が圧勝。

19824月、村木は金沢地裁小松支部異動。

1984126日、大東水害訴訟で最高裁第一小法廷は、全員一致で二審判決を破棄し、大阪高裁に差し戻す。723日、福島地裁で福島第二原発訴訟第一審判決で、6年前の伊方原発訴訟の第一審判決を踏襲する内容の判決。1214日、高松高裁で伊方原発訴訟の控訴審判決。「天を恐れよ」の大漁旗が翻る。住民側は直ちに最高裁に上告。

1986426日、チェルノブイリ原発で史上最悪の事故(レベル7)。

198917日、天皇が亡くなり、明仁新天皇が即位。

19913月、日航機墜落事故が和解。

1994825日、金沢地裁で日本海原発訴訟第一審判決。高浜、女川に続いて住民側の3回連続敗訴。

1997年秋、未曽有の金融危機で三洋証券、北海道拓殖銀行、山一証券が相次いで破綻、経営不安の噂がある銀行には預金取付の長蛇の列。

19982月、長野オリンピック開催。

1999427日、浦和地裁熊谷支部で「秩父じん肺訴訟」判決で「全員救済」。

2003128日、名古屋高裁金沢支部が「もんじゅ設置許可は違法」の判決。原発史上初の住民側勝訴。  

2005530日、金沢地裁で「住基ネットは、プライバシーの保護を保障した憲法第13条に違反する」との判決。

2006324日、金沢地裁大法廷で日本海原発2号機訴訟第1審判決。日本で初めて動いている商業用原子力発電所の運転差止めを命じる判決。11月、村上ファンドの前代表・村上世彰被告の初公判。大阪高裁が住基ネット訴訟で住民4人の個人情報の削除を命じる判決。数日後、当該の裁判長が自殺。

20093月、日本海原発2号機訴訟控訴審で名古屋高裁金沢支部が一審判決破棄(原告側が最高裁に上告)。716日に新潟県中越沖地震発生、東電柏崎刈羽原発全7機すべてが損傷。

2003年に1〜4号機を対象に静岡地裁に提起された浜岡原発の運転差止め訴訟は、20076月に結審、1026日に出された判決は国側の主張を全面的に認めた。石橋克彦神戸大名誉教授は、「この判決が間違っていることは自然が証明するだろうが、そのときわたしたちは大変な目に遭っている恐れが強い」と懸念を表明。 

2011311日、都議会で石原知事が4選に向けて出馬表明のニュースをかき消すかのように、大地震が襲う。「被災した福島第一原子力発電所1号機付近から爆発音が聞こえ、10分後に東京電力が白い煙を確認・・・」(ついに、この日が来たのか・・・!?)テレビ画面を凝視する村木の脳裏で、「天を恐れよ」の大漁旗が禍々しく翻る。  


読み終えて・・・

ブルー・パージでドサ回りを強いられつつ、ひたむきに憲法の理念の実現をめざして、裁判官としての職務を全うしようと刻苦勉励する村木をはじめとする良心的な裁判官がいる一方で、時の権力の顔色をうかがい、これに迎合し、保守カラーを強める最高裁事務総局の面々。それが仇となって、裁判官の質の劣化をもたらし、不祥事が続発する。背に腹は代えられないとの判断のもと、人材登用がなされ、村木たちにも日が当たる。

 伊方原発訴訟弁護団長の藤田良一弁護士が、随所に登場する。今年の8月に亡くなったが、これは「狭山」とならんで藤田さんのライフワークの一つといっていい。そういえば、「狭山」では何度も話をしていただいたが、「原発」ではついぞその機会を持たなかった。今日の事態は、当時から予見していたはずで、活写されている藤田さんの声が聞こえてきそうだ。

 「住基ネット」については、当時、市に申し入れをしたりしたことを思い出す。確か、野田佳彦なる人物も反対していたと記憶している。高裁判事の「自殺」も謎めいていた。

 (上・下)を通読して思うことは、 「すべて裁判官は、その良心に従ひ独立してその職権を行ひ、この憲法及び法律にのみ拘束される。」との日本国憲法763項が死文化し、「裁判官の独立」が有名無実になっているということだ(わかりきったことで、改めて言う必要はないかもしれにないが)。そして、それが裁判所の内部からの動きによってもたらされているということだ。それは、人事や予算や権益などを通じて、巧妙に陰湿に、時には暴力的になされる。

 最高裁長官をピラミッドの頂点にした支配構造は、裁判官一人ひとりの「良心」をも縛り、彼らが思う所に裁判を誘導していく。それでも、100パーセント完璧に牛耳ることは不可能で、「良心」の一部は網から漏れざるを得ない。しかし、それとても人事によって、上級審によって亡きものにされていく。バリアーは幾重にも張られ、食い破るのは不可能に近い。かくして、「良心」は無残に踏みにじられ、何事もなかったかのように処理されていく。

原発に限らず、国と利害が対立する問題では、民の側が「勝つ」ことは想定されていないが、たまさかそうした事態が起こることがある。が、すぐさま反撃され、元の木阿弥にされる。「判決はわたしたちの主張に何一つ答えておらず、裁判所が裁判を茶番にするものだ。裁判所は行政に対して屈服した。裁判の名に値しない」との伊方訴訟の控訴審判決についての藤田弁護団長の言葉の通りだ。

 そして、ここにおいて、やはり狭山事件が、かの「法服の王国」でいかに取り扱われているのか、その行方を考えざるをえない。もちろん、司法当局が並々ならぬ関心を持ち、事態を注視しているであろうことは推測に難くない。だから、当該の担当裁判官もその視線を痛いほどに感じているであろうことも察しがつく。その意味では、「日本国憲法763項」が機能する余地は限りなく狭くなっているだろう。「良心」や「規範意識」は裁判官に不可欠のものだが、それをなくしてしまったら、裁判は成り立たないのだが・・・。(ささき)