書評「ヘイトスピーチとはなにか」著:師岡康子




本書を読む前に今年5月、師岡康子さんご本人の講演を聴く機会があった。
なので読まなくても大丈夫かなと思っていたが、
中村一成(いるそん)さんの「ルポ京都朝鮮学校襲撃事件・ヘイトクライムに抗して」を読み、
9月25日の人権文化のまちづくり講座「ヘイトスピーチってなに?〜京都朝鮮学校襲撃事件から考える」の打ち合わせで中村さんとお話しさせていただいて
やっぱり読まない訳にはいかないと思い、ようやく読み終えることができた。

多くの方がおっしゃっているようにまさに「入門書」であった。
ヘイトスピーチとは何か。諸外国ではどのような取り組みがなされているのか。
日本の法律はどうなっているのかといったことが、わかりやすくではないが細かく書かれている。

やはり一番問題なのは、日本が人種差別撤廃条約を留保している点ではないだろうか。
こんな状況にもかかわらず、政府は「現在の日本が人種差別思想の流布や人権差別の扇動が行われている状況にあるとは考えていない」と言っている。

「出ていけ」「叩き殺せ」「ウジ虫、ゴキブリ」「スパイの子」

拡声器で叫んだり、プラカートや垂れ幕に書かれているこの言葉が
人種差別の扇動や人種差別思想の流布でないというのなら、一体なんだというんだ。

そして読みすすめれば読みすすめるほど、石原慎太郎の暴言の凄まじさに呆れてしまった。

表現の自由はもちろん大事だけれども
人を傷つけてまで表現しなければいけないことなんか存在しないと思う。

差別禁止法の話が出たときに、
「法律があるから、罰せられるから差別はしたらあかん。
差別するのはやめよう」と考えるのはおかしいと思った。

法律があっても飲酒運転をする人はいるし、人を殺める人間もいる。

法律云々ではなく、人それぞれのモラルの問題だと考えていたが
そのモラル自体が存在しない人間がいること、モラルの問題だということが通用しない人がいることをヘイトスピーチの問題で知った。

そう考えるとやはり法規制も重要であることを認識した。

ネットで流される「在日特権」が本当なのかどうかを自分で調べたり自ら学ぶ人たちはどれぐらいいるのだろうか。
データの出所や根拠が何も示されていない情報をそのまま鵜呑みにして、それをまた発信するという恐ろしさ。

何が在日特権なのか教えていただきたい。
そんなものはこれっぽっちも存在しないのだから。

マイノリティがおびえることなく、傷つけられることなく
胸を張って歩ける社会に私たちがしていかなければいけない。



back