映画「橋のない川」を観て、小説を読む

   この映画は、住井すゑが心血を注いで書き上げた「未完」の大作「橋のない川」(全7部)を元に作られたものだ。第1部が雑誌「部落」に発表され、1961年に新潮社から刊行され、以後、1973年の第6部で一応の完成をみたが、ヒロヒト(昭和天皇)の死去をきっかけに、1992年に第7部が刊行された。

 「私の作品は、差別をなくし、部落解放をするために書いたものです」と言うように、部落差別意識にとらわれ、あからさまに、平然と差別することを当たり前とする部落外の人々のありようと、これに耐えながら、差別の不当性・不条理に抗い、人間としての尊厳を取り戻さんとめざめてゆく部落の人たちの生きざまを描いている。

 この作品は、今井正監督によって映画化され、1部(1969年)と2部(1970年)が制作された。しかし、折からの解放同盟と共産党との対立・敵対という状況のなかで、映画についての評価もその渦中に巻きこまれ、差別映画だとして、上映すること自体ができなくなっていった。その映画を10月に大阪の「シネ・ヌーヴォ」で観る機会があった。

 思ったことの一つは、やはり名作・傑作だということだ。当時(1910年前後)の部落と部落差別のありようが生き生きと表現され、部落差別というものがどういうものであるのか、それを具体的に様々な場面、普段の生活の中の出来事を通して描き出している。差別をする側の心根の卑しさ、人間としての卑小さ、その一方で、有無を言わせない迫害や幾重にものしかかる圧迫に耐えつつ、心を鍛えていく者、その対比の鮮やかさはしたたかに心を打ち、万感の思いを呼び起こす。

 もう一つは、今日、部落差別といっても多くの人々は何であるかを知ることは難しくなっている。かつてのように、それとわかるような実態もなければ、部落や部落の人をイメージできるような具体的なものもない。部落差別、部落問題は存在するけれども、見ることもできないし、触れることもできず、まことに不可思議な具合になっているのが実情だ。だから、部落問題を見えるようにすることを考えねばならない。その意味でこの映画は、部落差別とは、部落問題とは何であり、どうあったのかを知り、認識・理解を深めるための大きな助けになるのではと思った。

そして、映画に刺激をうけて、小説を読んでみたくなった。差別のむごさに胸が詰まったり、心がふるえたり、いきどおりがわいてきたりしないではおれない。小森の人々の思いの根っこには、「なぜ差別されるのか!」という深い問いがいつもあるが、その答えはどこにもないし、誰も出すことができない。しかし、世の中の不条理を押しつけられる中で、支配する者とされる者、金持ちと貧乏人、差別する者とされる者・・・その「からくり」を見抜くようになり、水平社創立へと行き着く。壮大な物語、絵巻物の世界が広がる。

100年前の被差別部落の人々のくらしぶりと、あからさまな差別のありようのリアルさに息をのみ、命をつなぐために這いつくばって、自然の摂理とともに生きる姿に感動し、社会的な事件に対する執拗で正鵠を射る洞察に感服し・・・「住井ワールド」の虜になること請け合いだ。(ささき)