書評  ルポ「虐待」  大阪2児置き去り死事件

               著:杉山 春(ちくま新書)

 DVの問題や児童虐待の問題に関わる機会が多い中で、知人に教えてもらって、この本の著者である、杉山春さんの講演会に参加し、この本に出会いました。 「大阪2児置き去り死事件」は、衝撃的な事件だったことを今も鮮明に覚えています。

2010年の夏、真夏の暑い中、マンションの1室で3歳の女の子と18ヶ月の男の子が変わり果てた姿で見つかった事件です。

 著者は、2000年に愛知県で起きた、3歳の女の子が餓死した事件を取材し「ネグレクト 真奈ちゃんはなぜ死んだか」を書かれていますが、今回の事件から「なぜ幼い2人は命を落とさなければならなかったのか?」を知りたいと思い、母親の生い立ちから事件に至るまでを、母親本人とこれまでこの家族に関わった人たちからの聞き取りを元にまとめられています。

 聞き取りの中で、母親は子ども達のことを「本当に大切だった、命よりも大切だった。それなのに亡くしてしまった。」と言っている言葉が印象的で、離婚するまでの様子の聞き取りから、本当にそう思って子育てをしていたと思います。

それでは、なぜ事件に至ったのか?

母親は幼い頃から複雑な家庭環境に育ち、安心できる親子関係がもてず、高校から寮での生活をと父の知人に進められ進学しましたが、寮がなじめずに父の知人の実家で生活します。ここでは実の親子のように関わってもらうことができ、卒業し就職して結婚します。夫婦関係も夫の家族とも問題なく生活していましたが、出産後から、いい妻・いい嫁・いい母親でないといけないしんどさからか、現実逃避のために、夫とは別の男性へ走ってしまいます。その後、夫や本人の気持ちとは違うところでいつの間にか離婚が決まり、その後は事件が起きるまでは、本人も記憶が薄い生活だったと思います。そういう心理状況だったとも言えます。

 聞き取る中で見えてきたのは、安定していたように見える日常の中でも、母親の行動には、時々理解出来ないような行動があったようです。もっと早い時期に、彼女の行動から、何らかの心理的なカウンセリングや専門的な支援ができていたなら、もしかしたらこの事件は起きていなかったかも知れません。

 結果、心理鑑定者の見解は「解離性障害の可能性がある。」「殺意はなかった」ということでしたが、判決は、精神科医の「精神疾患は認められず、意識障害もなかった。」「殺意はあった」として、懲役30年の判決でした。

 この事件を通していろいろな現代社会の課題が見えてきます。著者も触れていますが「20歳以下の子どもを抱える単独の母子家庭は、2010年度の国勢調査では約76万世帯あり、20歳未満の子のみの母子家庭の3分の2が貧困家庭」という調査結果が出ています。支援体制は進みつつありますが、まだまだ十分行き届いていない現状があります。

 事件の直前は、同じマンションの住民からも、子どもの泣き声などで、通報が何度も届いていました。しかし、その部屋に幼い子ども達がいることにはなっていなかったことで、事実確認が難しかったと言われていますが、本当に出来る方法はなかったのでしょうか?

本の最後には、「元夫もその母親も無期懲役や極刑を望んだ」と書かれていますが、数年でも夫婦関係や親族関係があり、子ども達の親や祖父母だったにも関わらず、母親だけに責任を押しつけているような気がしました。

今後は、子育ての問題が、個別の問題ではなく、社会の問題として整理されていくためにも、私たち11人がその必要性を訴えていかないといけないと感じました。

 解離性障害とは?(本文より)

自分が自分であるという感覚が失われている状態といえるでしょう。たとえば、ある出来事の記憶がすっぽり抜け落ちていたり、まるでカプセルの中にいるような感覚がして現実感がない。いつの間にか自分の知らない場所にいるなど、様々な症状があります。


もどる