後藤さんを救えなかったか−政府は何をし、何をしなかったのか?

著:西谷文和 第三書館

西谷さんの文章もお話も好きだ。とにかくわかりやすいし的を得ている。
テレビでおなじみの「いい質問ですね」の人が、世間ではものすごく人気だけど、あの人はわかりやすいだけで中身がないのであまり好きではない。

西谷さんには昨年のまちづくり講座でシリアの情勢をお話いただいた。
争いのもとだと思っていた「宗教」や「領土」は所詮言い訳や理屈で、結局は「お金」なのだ。

そのときには後藤さんや湯川さんの話には触れてもらわなかったので、改めて本書を読んでみた。
64ページの薄いブックレットなので読みやすいし、軽いから移動にも便利だ。

表紙をめくるとまずはじめに2014年8月からの事件の概要が時系列に掲載されている。
民間軍事会社の湯川さんが拘束され、救出を試みた後藤さんも拘束された。

2004年にイラクで日本人3人が武装勢力に誘拐された事件はご存じだと思う。
そして当時の首相だった小泉は武装勢力の「自衛隊を撤退させよ」という要求をはねのけ、さらには誘拐された三人の行動を「自己責任」だと言い放った。
無事に帰国した3人は相当なバッシングを受けた。後に一人の日本人男性が誘拐され殺害されている。
この事件以降、弱者や大人数とは異なる行動を取る人間に対する「自己責任」という風潮がものすごくきつくなったように感じる。

なので湯川さんや後藤さん、亡くなられたジャーナリストの山本美香さんに対する世間の冷たさも、やはり2004年の事件の世論が起因しているのではないだろうか。

そして、宗教間の派閥や、長引く内戦や自爆テロ、空爆。
中東で、混沌とした状態が続けば続くほど軍事関連企業は潤うし、儲かるのだ。

我々が難しいからよくわからないと無関心になればなるほど、国は喜ぶのだ。
北朝鮮がミサイルを飛ばせば飛ばすほど、軍事費を増やす理由や、憲法を変える口実ができるから。
実際には、北朝鮮以外の国もミサイルは飛ばしているし、核実験だっておこなっている。
しかしなぜか叩かれるのは北朝鮮だけ。それもおかしな話だ。

政府は後藤さんを救出するための手段を間違えた。
というより、救出する気がなかったのかもしれない。
イスラム国や自爆テロの恐ろしさをアピールして、それを利用して、自衛隊の必要性や改憲の口実にしている。

軍事費の予算が膨れあがる一方で教育や福祉の予算が削られ、市民の負担が増える。
原子力ムラもたいがいだが、安保ムラも凄まじいものがある。


西谷さんが命がけでトルコやシリアに入る様子は本当にドキドキする。
花火ではなく、本物の爆弾や銃弾が鳴り響くなかで眠るなんて、小説の世界ではないだろうかと錯覚する。

救えるはずだった命が国に利用されたといっても過言ではないはずだ。

メディアが流すニュースはカギ括弧付きの現実だ。

自爆テロもいけないが、空爆はもっといけないのだ。

欧米諸国でテロがおきて、「何名が犠牲になった」というのならば、空爆でどれだけの市民が亡くなったかも報道しなければいけない。
そしてその空爆一回で、何億というお金が動いているのかも。

そして圧力や武器では平和は作れないということも。


戻る