「冬を待つ城」 (安倍 龍太郎)

南部信直との決戦を前に、九戸政実(くのへまさざね)は、「我が奥州は長い間、中央からの侵略にさらされてきた。阿倍比羅夫、坂上田村麻呂、前九年の役、後三年の役、源頼朝。そのたびに我らの先祖と奥州の大地は、屈服を強いられ屈辱に泣いてきたのだ」と総勢1800に檄を飛ばした。それは誰もが胸の奥底に燻らせている感情を呼び覚まし、大和政権の侵略と闘った蝦夷たちのそれと共鳴するものでもあった。 

天下人となった秀吉と石田光成を筆頭とする取り巻きは、「朝鮮出兵」に際し、極寒の地で闘う兵士を確保するために、寒さになれた陸奥の民を徴兵するために内紛を仕掛け、それを口実に15万の兵を送りこまんとしていた。 

いち早くその魂胆を見抜いた政実は、用意周到に準備を整えてきた。そして、4人の兄弟を含む一族の結束を図ろうとするが、兄弟は敵味方に別れ、信直との戦端を開くことになった。戦闘は長引き、政実は手はず通り、九戸城に籠城をする。領民には城に入るか、山に逃げるかを選択させ、城下は一物も残さないように焼き払いを命じた。そして、4兄弟もそろう。 

九戸城は、西側を馬淵川、北側を白鳥川、東側を猫渕川により、三方を河川に囲まれた天然の要害で、15万の大軍といえども容易には落とせない。何よりも「寒さ」という自然の味方があった。 

権謀術数が入り乱れ、一進一退の攻防が続く中、政実は4兄弟の首と引き替えに、「人狩り」の中止を求めて「和議」を申し入れる。信直と先陣を担う蒲生氏郷(がもううじさと)はさらに300人の首が必要だと言う。 

和議が成り、一人生き残った末弟の政則は政実から手渡された絵図を手に、光成が探し求めていた硫黄の鉱山をめざす。そして、蝦夷の末裔の「山の王国」の一員として働く決心をする。

領民の命と暮らしを守ることこそ、領主の最大の責務であることを、自らの命をかけて実践した九戸政実。秀吉の横暴と理不尽な仕打ちを如何に跳ね返すか?答えが見つかるような問いではないが、自らの命と引き替えにこれに応えようとした。陸奥ゆえに背負ってきた、背負わされてきた歴史の内奥に隠された力を信じて。政実を貫くのは、まっとうな反逆の精神そのものだ。(ささき)