沸点―ソウル・オン・ザ・ストリート―

作:チェ・ギュソク 訳:加藤直樹 監訳・解説:クォン・ヨンソク

 

『九月、東京の路上で』の著者、加藤直樹さんが翻訳したということで興味を持ち読んでみた。

1980年代の韓国で起きた民主化運動をテーマにした漫画だ。

朝鮮学校に通っていた私は、韓国の歴史についてはなんとなく習ったことはあったが、今思えばその内容はかなり偏った物だった。

「南朝鮮(『韓国』という呼称ではなく、朝鮮半島の統一を前提にしていたからか、この呼称だった)は、アメリカ軍に支配されていて、迫害され、自由もなく、子どもたちは食べる物も着る物もない生活をしている。だから一日も早く祖国統一をして、南朝鮮の人たちを救い出さなければいけない」という風に習った。蓋を開けたら南朝鮮よりもひもじい生活をしているのは北朝鮮だった。

ただ、実際に韓国側の38度線、板門店沿いには、アメリカ軍が立っていたが、観光客から「なぜ、韓国なのにアメリカ軍が立っているの?」という質問があがったので、韓国兵士を立たせるようになったそうだ。本書を読みながらそういう歴史を少しだけ思い出した。

朴正熙の独裁に続き、全斗換の市民に対する暴挙は言葉にならなかった。スパイ容疑で逮捕され拷問を受けた在日コリアンも大勢いた。

それでも自由を勝ち取るために立ち上がる市民や学生。

今の日本はそこまでひどくはないものの、戦後最悪といっても過言ではないほどの状況ではないだろうか。メディアの萎縮、権力への迎合、上げればキリがないが、恐ろしい方向に行ってしまうのではないかと身震いする。

漫画なので読みやすい分、巻末の加藤直樹さん、解説のクォン・ヨンソクさんの文章が胸を打つ。ぜひご一読いただきたい。

もっとリアルなデモの様子をご覧になりたい方には映画をお勧めします。何本か見た記憶はあるものの、題名が思い出せないので、インターネットで検索してみてください。

戻る